Pooches BLOG 名古屋市緑区にあるドギーデイケア プーチーズの日記や最新情報をお届けします しつけ教室 デイケア ホテル 犬の幼稚園


■スタッフ/研修生募集。詳しくはお問い合わせください。

■「pooches寺子屋」開催のご案内
3月19日13:00〜 16:00 お一人様2,700円(税込) テーマは「犬は何を感じて行動するのか?」 学習の原理原則を基に理解を深めましょう。会場は桶狭間店です。

■「クリッカーマスター」ご案内

■お預かり状況のブログアップについて

各スタッフ勤務外に持ち回りで行っているため掲載時間が遅れたり たくさんのワンズをお預かりしているため皆さんの愛犬が動画に映っていなかったりすることもあります。 また動画はお預かり中のほんの1分程度の状況です。
一日の全ての状況ではなくある一場面の切り取りです。
しかしほんの少しでも 離れている飼い主様が愛犬を確認できたらよいかな?と思い当店無償の付加サービスとして行っております。
ブログの愛犬の動画の様子を見てご不安を与えてしまう場面もあるかもしれませんが、スタッフ一同 すべての子の状態に配慮してお預かりをさせていただいております事 ご信頼いただけましたら幸いです。
25日の有松店

今日もワンズは元気に過ごしています。

 

 

天気がいいと、お散歩へ出かけたくなりますね。

 

有松店は階段があり、お散歩へ行くときはその階段を使用するのですが、階段が苦手なワンズは結構います。お預かりレッスンでは、そんな苦手も克服できるように練習をしていきますよ。

 

階段の昇降は足元を意識して歩く練習になりますにもなり、自分からチャレンジしてクリアすることで、自信や自己解決能力もUPしていきますよ。

 

初めは一番上で躊躇していたコも、

 

ワンズのペースで行うことで、少しずつ降りられる様になり、一番下まで降りられました。

 

 

事故解決能力がUPしたワンズは、何も言わなくても、目の前の事に対しどうにかしよう(解決しよう)と行動を起こせるようになります。

例えば足元が不安定な場所でも、座ってみたり伏せてみたりと、次々に行動を起こしてくれます。その中で正解が見つかると、それがまた自信に繋がっていくんです。

 

 

 

普段しない行動でワンコの引き出し(知ってる行動)を増やしてあげましょう。引き出しが多いコは、解決も早いですよ。

 

クリッカーを使い、後ろへ下がる事を意識して行動を起こしています。

 

 

 

 

犬のしつけはPoochesへ

| Pooches | 00:06 | comments(0) | - |
レッスンは楽しくなくては

少し暖かきなってきて

スポーツが気持ち良いです。

 

今回のゆるゆるアジリチィークラスは、

ハンドサインを使わずに、体を使って愛犬にきてほしい場所を伝える練習をしました

 

犬から見えることは 手だけではなくいろいろ見えているので、手以外の部分も明確に伝わるようにしたいです。

手を使わない方が 伝わりやすいというペアもいまして、面白い発見でした。

犬にはサインがいっぱいありすぎるのも わかりづらいってことですね。

 

雨の日は、店舗の下の濡れない部分を使って練習もできます。

 

パピーたちも これからの犬生を楽しむ時間が増えるように、自信と自立心を養う土台つくりに励んでいます








 

私たちスタッフも 常に新しい正しい情報と技術、伝える能力向上に努めています。

相手に伝えるって 自己満足ではいかんのですよねー。

 

週末は、保護活動をしている方たちの会場にお邪魔しました、

保護して譲渡することで終わらず、新しく家族を迎えた飼い主様達が集う場所を準備して

情報交換をしていらっしゃいました。

今までいろいろな経験をするチャンスを奪われていた子たちは、飼い主様がかかえる悩みが複雑です。

少しアドバイスをさせていただきました。

その子に合った育て方、しつけ方を飼い主様が見つけれれるきっかけになればと思います。

 

シャイなワンズにも超おすすめなノーズワーク。

鼻をうかうことは犬たちは教えなくても強制しなくてもできる事。楽しめる事です。

その力を生かす場を提供して、土台つくりに生かします。


ギャーの華麗な ノーズワーク☆

 

いぬのしつけはプーチーズ

| Pooches | 23:09 | comments(0) | - |
22日の様子

 

暖かい1日になりました。

でも春は風が強いですね。

パピーのお散歩に行くと、

飛ばされないかと心配になることも。

 

でも、パピーは元気です。

風に毛をなびかせながら、しっかり歩きます。

 

 

外でも基本のレッスンを頑張ります!!

 

 

 

苦手な項目も好きなものと天秤にかければ・・・

我慢が出来ます。

今回はちょっといいおやつでブラっシング。

 

 

入りたくないハウス。

美味しいおやつが貰えるとわかると、俄然やる気も上がります。

 

 

日常ケアーで耳掃除の練習。

耳に手が伸びることを気にしないでいる事に「正解」でご褒美が出ます。

 

勝手に食べない(許可)の練習。

 

 

「マテ」とはなんだろう?動かないで居る事だよ。と伝えています。

初めは動きを止めた事に「正解」を出し、数秒づつ時間を伸ばしていきます。

 

 

色々な音や他のワンズが遊んでいる刺激にも、

惑わされずに頑張りました。

 

 

 

 

| Pooches | 23:23 | comments(0) | - |
犬の咬傷事故について

伊藤です。

当店は伊藤だらけですね。

 

お客さにはGYA(ギャー)と呼ばれています。

 

是非お気軽にGYAと呼んで下さい。

 

 

 

最近、更新をさぼっていました。

 

 

……寒いんですよ、、事務室(笑)

 

 

いつになったら温かくなるのでしょうか。。。

 

 

 

そんな今日は、少し世間を騒がせているホットなニュースを。

 

 

 

 

先日、大型犬が乳幼児を噛み乳幼児が死亡するという痛ましい事故がありましたね。

 

 

 

当店もたくさんのワンちゃんをお預かりしている関係で、

様々な問い合わせをいただきます。

 

 

犬のしつけ方教室として、

ご質問やご心配をなさっている方もみえると

思いましたので、この記事をアップすることにいたしました。

 

 

今回の報道を受けて、

率直な感想といたしましては、

 

あまりに情報が少なすぎるという事です。

 

温厚な犬が…

しつけをしてなかったからでは?

など、様々な憶測が飛び交っていますが、

 

 

私たちは今回報道されている範囲の少ない情報で、

無責任に今回の事故を分析すべきではないと考えています。

 

 

この事故により大型犬が怖いと感じた方もいらっしゃるかと思います。

 

でも、

 

少ない情報の中で

私たちが唯一自信を持って言えることは、

 

『犬という動物は口を駆使している』という事です。

 

 

私たちが5本の指を駆使するように、

犬たちは口を器用に使います。

 

 

つまり、ゴールデンレトリバーでなくとも、

小型犬でだって今回の事故は起きえたという事です。

 

 

もちろん、咬傷事故の際の程度は

大型犬であればあるほど大きいです。

 

 

しかし、

しつけが…とか、大型だから…

とかではなく、

 

私たちが一緒に暮らしている犬という動物は、

コミュニケーション手段として

口を使うのです。

 

もちろん、

報道の通り、犬種特性として

レトリーバー種は口で物をくわえることに長けています。

 

しかし、レトリーバーでなくとも、

どの犬種も犬たちは

『やめろ!』とか、

『遊んで!』とか。

 

自分の要望を人に伝えるとき、

誰に教わったわけでもなく、

自然と口を使い私たちに伝えます。

 

それは、吠えや時には咬みつきとして。

 

もちろんそれを出しにくくするトレーニングはあります。

 

でも、犬にだって感情があります。

窮地に追い込まれた時、

そこにいる相手が自分の出すサインを読まずに

危険を脅かしてくるとき、

 

最終兵器を出します。

 

 

ただ、今回の報道では、

当該犬がどんな心情だったのかは

分かりません。

 

小さく動く乳幼児に対して

『攻撃的な感情』だったのか

『じゃれて友好的な』感情だったのか、

 

私が見た情報の範囲内では

分かりませんでした。

 

 

 

 

だからこそ考えます、

私たちは

そういう動物を暮らしている事を意識しなくてはいけないのです。

 

 

傷の大小だけで判断するのではなく、

どの犬も咬むというコミュニケーション手段を持っているという事。

 

 

そしてもし、その咬みが攻撃性のものだった場合、

傷つくのは人だけではありません。

 

 

犬が人を噛むまで追い詰めたのは、

間違いなく人自身だからです。

 

 

何もしていないのに

何の嫌な印象もないものに

犬は労力と精神力を使って攻撃することはありません。

 

 

犬が人を噛んだという事は

 

無意識だとしても、

その犬にとっては耐えがたい不快な感情を

与えたという事です。

 

 

犬との生活を決めたのは人です。

 

犬は自分の暮らす場所を決めることはできません。

 

自分がどこでどんな風に生きていくか決める。

 

そんな私達には当たり前にある権利を

犬たちは持っていません。

 

 

私たちが、一方的に

犬と生活がしたいから、

私たちの意志だけで犬を家族に迎えました。

 

 

そして犬は自分の意志とは裏腹に

突然決まった人間との生活に、

食事も安全も楽しみも生活の全てをゆだねなくてはいけないのです。

 

 

だから私達には責任があるのですね。

 

自分の犬たちを少しでも幸せにしてやる責任が。

 

犬の幸せって一体何か。。。

 

それは犬に聞かなくてはわかりません。(笑)

 

でもきっと、どうしたら少しでも幸せにしてやれるか、

何歳になっても考え続けてやることかもしれません。

 

きっと完璧な飼い主なんていません。

愛犬には後ろめたい気持ちでいっぱいです。

 

我が家の犬たちだってきっと言葉が喋れたら

私への不満が大噴出するでしょう。(笑)

 

『もっとうまいもん食わせろ!』とか、

『もっといろんなところ連れてけ!』とか。

 

もしかしたら……

 

『ほっといてくれ!』かもしれません(笑)

 

でも真相は犬にしかわかりません。

 

 

 

だからこそ、

最低限、犬たちを人間社会で生きやすく

させてやるのが私たちの使命です。

 

そして、飼い主さんが困ったとき、

飼い主さんより少しだけ、

『犬』という動物を知っている私たちがお手伝いしたいのです。

 

でも、『犬』は知っていても、

『〇〇ちゃん』は飼い主さんが一番詳しいです。

 

 

だから一緒に協力し、

犬も人もストレスを最小限に暮らしていきたいですね。

 

 

最後に、もう一度。

 

犬という動物は、口を使います。

 

 

私たちは『絶対咬まない犬』はいないと思っています。

 

 

ですから、当店では人の管理下の元、

犬が人や他犬を噛まなくてよい環境を設定しています。

 

しかし、絶対はありません。

 

今回の報道を受け、

他犬との接触に不安を覚えた方も少なくないと思います。

 

 

もちろん。

施設運営におきましては、

徹底した環境設定を心掛け事故を起こさないよう努めます。

 

しかしながら絶対に。というお約束はできません。

 

 

犬同士の接触にリスクがゼロという事はありえないと考えるからです。

 

どうしてもご不安な方はご利用をお控えください。

 

 

そのリスクの中でも、

犬たち同士の接触には、リスク以上の

メリットがあると確信し、当店舗を運営いたしております。

 

 

ご理解とご承知を頂けましたら幸いです。

 


犬との生活はキラキラしていると保証しますよ♪

 

| 独り言 | 00:01 | comments(0) | - |
21日の有松店

一人では不安な障害物も、沢山のワンズと一緒なら大丈夫♪

へっちゃらな様子を見て、少しずつ障害物にチャレンジしていました。

 

 

 

 

いつもと違う場所(上)で横になる事もへっちゃらです。

 

 

 

パピーでも成犬でも多いお悩みの内の一つが、お散歩についてです。

 

そのうちの一つに「拾い食い」があります。

拾い食い防止の練習は色々ありますが、まずは食べない様に管理をするところから始めます。

 

口輪も、食べる行動をさせないようにするための管理の一つになります。

口輪をすると散歩へ行ける♪口輪が出てくると良い事がある♪と、ポジティブに捉えられる様に慣らしておくといいですよ。

 

管理をしたら、次に防止の為の練習をしていきましょう。

 

勝手に食べない練習や

 

 

咥えている物を離す練習などあります。

 

 

 

 

 

合図を理解している行動は、どんな状況(不安な時や気になる刺激がある時など)でも反応出来る様にしておきましょう。

 

例えば、どんなに周りで楽しい事が起こっていても、どんなに不安定なマットでも、合図があったら必ず伏せるなどです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犬のしつけはPoochesへ

| Pooches | 20:22 | comments(0) | - |




動物病院のパピークラス
毎月第2・4火曜・土曜


みどり動物病院
毎週土曜

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


株式会社Fam

Facebook

D-bac

Facebook

ポチッとお願いします

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
このページの先頭へ