■お預かり状況のブログアップについて

各スタッフ勤務外に持ち回りで行っているため掲載時間が遅れたり たくさんのワンズをお預かりしているため皆さんの愛犬が動画に映っていなかったりすることもあります。 また動画はお預かり中のほんの1分程度の状況です。
一日の全ての状況ではなくある一場面の切り取りです。
しかしほんの少しでも 離れている飼い主様が愛犬を確認できたらよいかな?と思い当店無償の付加サービスとして行っております。
ブログの愛犬の動画の様子を見てご不安を与えてしまう場面もあるかもしれませんが、スタッフ一同 すべての子の状態に配慮してお預かりをさせていただいております事 ご信頼いただけましたら幸いです。
リニューアル初日

GYAです。

 

 

 

今日は、桶狭間店リニューアルオープン初日でした。

 

 

 

まず、たくさんのお祝いの言葉やお花、お菓子など。

皆様からのおめでとうに改めて気を引き締めました。

 

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

昨日も書きましたが、

桶狭間店はPoochesの始まりです。

 

 

 

朝、店の入り口からお客様が入ってくる様子を見ながら。

懐かしいような、新鮮でウキウキするような。

不思議な感覚に襲われました。(笑)

 

 

 

 

今日は、途中、スタッフのツムちゃんも美和おばあちゃんも久保田も。

久保田の父も。

かわるがわる顔を出してくれ、寂しくありませんでした。(笑)

 

 

 

みんなに心配かけるGYAです。(笑)

 

 

 

 

 

つまり、たくさんのお客様やスタッフのみんな

とにかくたっくさんの人に支えられて、Pooches桶狭間店の初日は終わりました。

 

 

 

 

もちろん。

まだまだこうしたなー。

の構想はありますが、、、、

 

 

 

 

まっ。少しずつ、、、、ね。(笑)

 

 

 

桶狭間店ではホテルは行わない為、

全体的に犬が少なくなります。

 

 

 

 

庭もあるので外が好きな子には向いています。

 

 

逆に有松店は、室内のスペースがしっかりあります。

ホテルもあり全体的ににぎやかです。

 

 

 

 

それぞれの店舗の特徴を生かしつつ。

それぞれに合った店舗をご利用ください。

 

 

 

また現在、桶狭間店で行っている

フード・おやつ類などの物販ですが。

 

 

 

来月以降、有松店でもカタログから購入できるように

していく予定です。

 

 

準備が整い次第お知らせいたします。

 

 

 

 

 

店舗だけでなく、

気持ちもリニューアルした桶狭間店。

 

 

とっても気持ちよく初日を終えました。

皆様のお力添えあってこその本日です。

 

 

 

その感謝を忘れず、Poochesイズムを大切に。(笑)

 

 

今後とも精進してまいります。

 

 

変わらぬお力添えをよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

なお、桶狭間店のレッスンの様子は

いつもの〇月〇日に有松店の様子と一緒に

投稿させて頂きますのでご確認ください。

 

 

 

私の記事は変わらずお知らせ&独り言記事となりますのでご了承お願いいたします。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 独り言 | 00:02 | comments(0) | - |
褒めて育てる。

 

GYAです。

 

 

あー寒い。(笑)

 

毎日寒いですね。

私は寒がりなのでもう毎日が戦いです。

 

 

今の一番の楽しみは電気毛布をいれた布団の中に飛び込んで寝る事です。

その瞬間の為に一日を過ごしているようなものです。

一日の終わりに楽しみがあるっていいですね。(笑)

 

 

 

そういえば、私は年明けから歯医者さんに通っています。

もう何年も逃げていたのですが、、、、

 

 

 

 

 

ついに、痛みが怖さを上回りまして、、、、

これはダメだ!という事で。

 

 

 

 

 

いよいよ。行きました。歯医者さん。

 

 

 

そしたらまぁー痛い歯だけでなく。

色々な歯達が虫歯菌に侵されていたようで。

毎回もれなく麻酔をされております。

 

 

その激痛ったらないですよね。

もう大人なので泣けないですが、、、、

悶絶です。(笑)

 

 

でもそんな歯医者さんでもいい事はあります。

 

 

パッパカパーン!!

 

そう。実は私、歯医者さんに褒められました!!

 

 

『伊藤さん、この虫歯相当痛かったでしょ?』

『よくここまで我慢したねー。』

『伊藤さんは我慢強いねー!』

 

ココ大事!

 

 

ほら。

『伊藤さんは我慢強いねー!』ですって!!!!

 

 

我慢強い!!うれしい!(笑)

 

 

 

 

 

 

やはり褒められるって気持ちがいいですね。

 

 

 

犬だって同じです。

 

 

痛い思いや怖い思いをしたい子なんていません。

 

 

楽しかったりうれしかったり。

ウキウキして過ごしたいわけです。

 

 

でも。

愛犬が良くない事をしたら。

 

きちんと怒らなくちゃ!と思いがちです。

 

 

でも。

愛犬は、何がいけないかなんて分かっていないんです。

もっと言えば、怒られて怖かったのでその行動を取るのはやめよう!とは思うかもしれません。

 

 

 

でも。

じゃあどうすればいいのさ!となるわけです。

 

 

例えば、

 

クレートの中にいて。犬は外に出たい。

その為に吠えていたとします。

 

 

そしたらそのクレートを蹴飛ばされます。

 

 

 

めちゃくちゃ怖いですよね?

 

なので思わず吠えるのをやめます。

 

 

人は、これで一瞬効果があったような気がしてしまいます。

 

 

 

でも。果たしてそうでしょうか。

 

 

 

だってその犬は驚いて吠えるのをやめただけであって。

吠えてはいけないと分かったから吠えやんだんではないのです。

 

 

 

外に出たい時、吠えたら蹴飛ばされる。

じゃあ、出たい時どうすればいいのさ!です。(笑)

 

 

 

犬に恐怖を与えず、ほめるしつけをしましょう!というもの

随分ポピュラーになってきました。

 

 

しかし、大事な事があります。

 

 

私達が犬をほめる時。

それは、犬が【私達の望む行動を取ったとき】ではないですか?

 

決して犬自身が考え空気を読んでいい子にしていよう!としたわけではありません。

 

 

私達人間が決めた望ましい行動を取ってくれたら褒めているんです。

その行動のほとんどは、犬の本能的な行動ではなく。

人間社会に対応するため犬にとっては窮屈な要望が多いはず。

 

 

だから、犬をほめる時のスタンスは、

私のいう事聞けたねーえらいねーではなく。

 

『わぁ!私の生活に合わせてくれてありがとう!』です。(笑)

 

ココ大事!

 

 

そしてもう一つ。

 

褒めるためには、私達が望む行動を犬に出してもらう必要があります。

 

 

 

逆に、怒らない為には犬が困った行動を起こさない様に私達が管理しなくてはいけません。

クレートに入って吠えるなら。

クレートを待機だけに使わないなど。

犬が私達に物言いしたくなるような状況を作らないのも大切です。

 

 

それはいったいどんな方法があるのか。

愛犬の困った行動が起きた時、どんな風に環境を変えてやったら

その行動起こさずに済むかな、、、、

 

 

そんな風に考えていきたいのです。

 

 

 

犬は私たちほど状況把握が出来ません。

 

 

だから叱られたって理解できません。

その瞬間、驚いて行動が止まる事はあるでしょう。

 

または、その人が怖いという印象が付き、

怖いからその人の前では動けなくなるという事はあるでしょう。

 

でもそれは何の根本的解決にもなりません。

 

きっと同じ場面が来たらまたその行動は出ます。

 

 

だから、問題行動が出てから対処するのではなく。

いかに出さずに済むか。そしてその時自分たちの望む行動が出るにはどうしたらよいか。

 

 

彼らの生活をコントロールしている私達が整えてあげなければいけないと思うんです。

 

 

 

 

 

 

私だって。

 

 

 

いつもふざけているわけではありません。

 

 

 

ふざけていい環境がそこにあるのです。(笑)

 

 

 

 

私、もっと伸びしろあると思うんですよねー。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

だから、久保田さんにお願い!!!!

 

 

 

 

 

 

 

GYAちゃんの事、

 

 

 

 

 

 

 

優しく笑って育てて下さいね!

 

 

 

 

 

 

| 独り言 | 23:32 | comments(0) | - |
正解

GYAです。

 

 

正月ムードも終わり、始業式なども始まっているでしょうか。

 

今日から日常という方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

その前に私も行ってきましたよ!

初詣!!!

 

 

 

そして今年一年素晴らしい一年になるように。

願いを込めてやりました。

 

 

おみくじ!!!!

願いを注入して引いたからでしょうか、、、、

 

 

 

なんと!

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

大吉!!!

 

やったー!今年一年いい年になります!!!

 

 

そんなご利益のあるおみくじをよく見てみると、、、

 

 

 

願望 思いのままになる

商売 利多い

争事 勝つ(笑)

 

 

とまぁ。当然いい事がたくさん書いてあり

テンションもアゲアゲですよ。はい。

 

 

そのままのテンションで読み進めていくと、、、

 

 

 

あれ?

 

 

よく見てください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

縁談 人とよく相談せよ

 

 

 

 

 

………え?

 

 

 

こんなにいい事しか書いていないおみくじなのに。

 

縁談だけ、、、

 

 

つまり総括すると。

 

【今年は何をやってもいいけれど縁談だけは人によく相談しなさいね】と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なーんか悔しい結果です。(笑)

 

 

 

 

 

この結果を、当店の美和おばあちゃんに報告しました。

 

 

すると!

 

 

『えー!それどこの神社ですか!絶対当たるじゃないですか!』!と

興奮していました。

 

 

それもまた悔しい。(笑)

 

 

 

そんな新年の幕開けではございますが、

皆さんは占いを信じますか?

 

 

 

私は、自分に都合の良い事だけ信じます。(笑)

 

 

 

占いも確証のないものですから、信じるか信じないかは

自分次第!ということろでしょうか。

 

 

 

確証のない事と言えば、、、

犬の気持ちも代表的な物。

 

 

 

でも私達飼い主は、愛犬の気持ちに確証を持つことありませんか?

 

『今絶対○○って思ってる!』とか。

『今、笑った!』

『今反省したふりしている!』とか。(笑)

 

実際には走った後や暑い日は口角を上げて呼吸するため笑って見えます。

または、大きな声で怒ったりした際は一時的な強い刺激で身体が拘縮して小さくなったりすることがあります。

つまりそれは何で怒られたか分かっていないので、いわいる反省ではないので

また同じ状況が起きたら繰りかえすというわけ。

 

 

と、説明されると、なんかゲンナリ。(笑)

 

 

 

 

いいんです!

だって私達は、愛犬と以心伝心できているんです!

目を見ただけで愛犬の言いたい事分かった感じしませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

『GYAちゃんと暮らせて幸せだよ♡』と言っている目に見えます。(笑)

 

 

 

愛犬の気持ち分かった気がする。。

 

 

これ賛成です。私は!(笑)

 

 

 

でも。

それには条件があると思っています。

 

愛犬の気持ちを予測して、自分で思っている分にはいいんです。

 

 

 

でも。

それを実際の行動に移すのはちょっと待った!なのです。

 

 

愛犬の出しているサインがもし、ストレスサインだった場合、

愛犬を追い込むだけでなく、人にも危険が及ぶ可能性があります。

 

 

 

特にこの時期、自宅への来客が増えたり、人混みの中に出かける事もあるでしょう。

 

 

そんな時、

『可愛いー♡』と言って近づいてくる人。

いますよね。

 

 

その時の愛犬のサイン。

予測ではなく、しっかり見極めてあげて欲しいのです。

 

 

例えば耳がキョロキョロしているのなら。

それはリラックス状態ではなく周りを気にしている警戒状態です。

 

ジッと見つめ、口を閉じている時もリラックスはしていません。

つまり。やめてほしのです。

危険な状態と言えます。

 

 

参考画像はこちらです↓

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

ほら。怖いでしょ。

口をつむって、一点を見ることが

どれだけ怖いか伝わったと思います。

 

 

 

 

 

 

占いや勘ではなく、

愛犬が直接出してくれるボディサインをしっかり読む事。

 

これこそが、愛犬と意思疎通を図る

一番の正解だと思うんです。

 

 

 

 

一緒の空間を共に過ごす愛犬だからこそ。

 

 

何を感じているのか。

実は彼らが発してくれているサインを見逃さない。

 

そんな関係がより濃くなる1年にしたいですね。

 

 

| 独り言 | 23:21 | comments(0) | - |
正月気分で

GYAです。

 

 

今日で三が日も終わり、なんとなーく世の中正月ムードが終わりますね。

当店も今日からスタッフの2人が出勤してくれ、いつものPoochesに戻って来ました。

 

 

31日から2日まで久保田と私の2人で勤務していたのですが、

それを聞いたお客様に、

『もう阿吽の呼吸だから安心だね。』とおっしゃって下さったんです。

 

 

 

でもね。

 

 

 

 

 

違います。本当に。(笑)

 

 

私達は結成7年目になるわけですが、、、

 

 

 

この3日間。

『さっき言ったじゃん!』とか『もう!聞いてた?』とか。

 

『あー!それはさっきやった!』などなど。

まー全然コミュニケーションが取れない!

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

察しなさい。by久保田

 

 

 

 

そんなの。

無理です。無理です。

 

 

 

 

 

阿吽どころか相手の動きを見て、会話してもうまく動けず。(笑)

ちぐはぐですがな。。。

 

 

言葉を交わせる人間同士でも。

しかもそれなりの期間毎日顔を合わせていてもこれなのです。

 

 

犬とのコミュニケーションがいかに難しいかが分かりますね。

 

 

今、世間は正月休みです。

 

テレビをつければ正月特番が流れ

街に出れば正月の音楽が鳴り響いています。

そしてどこへ行っても人!人!人!

 

だから

嫌でも今、正月なんだなーと認識することが出来るでしょう。

 

 

 

でも。

犬は違います。

 

 

今が正月だなんて知りません。

テレビを見ようが街の雰囲気を感じようが

今、正月だから仕方ない。とは思えません。

 

 

ですから。

私達は気を付けなければならないのです。

 

 

正月休みの間いつもはお留守番ばかりだからこんな時こそ!

と、愛犬とずーっと一緒にいませんか?

 

いや。愛犬と一緒に居る、、それ自体は問題ないのです。

 

 

ただ犬は人間と違って、

今がお正月休みだから飼い主さんが毎日いるんだ。

 

とか。

 

連日お出掛けが続いて人混みすごいなー。とか。

 

自分の置かれている状況を把握できるわけではないので、

訳も分からないまま日常のペースが崩れます。

 

 

 

普段は平日一頭の時間が多く、

しっかりお昼寝をしているとします。

 

確かに退屈かも知れませんが、

それで毎日過ごしている生活のリズムが出来ているとします。

 

 

そこへ突然、6連休や10連休の飼い主さんが

毎日一緒に居て構ってくれる。

 

すると愛犬はうれしくて寝ている場合じゃありません。

 

さらにお出掛けにも同行してもらうとすると。

もうどこへ行っても人‼人!

 

 

愛犬はクタクタになってしまうのです。

 

 

もちろん。

そんな様子は見せない子が多いので私達は気づきません。

 

 

その為実は、連休明け一気に体調を崩すワンズも多いのです。

 

 

疲れがどっと出るんですね。

 

 

ですから。

せっかくの長期連休愛犬と過ごしてたくさん思い出作りたい!

 

そんな気持ちもあるかもしれません。

 

でもいつものペースから大きく変える事が

愛犬の負担になってしまう可能性があります。

 

一緒に居ても、愛犬をぐっすり寝かせる時間を作ったり。

 

連日人混みに行くのは避けるなど。

 

 

正月という風物詩を理解できない愛犬への配慮もしてあげてくださいね。

 

 

何かとテンションの上がる正月です。

つい人は羽目を外してしまいます。

 

 

私達も今日からスタッフが来てくれてテンションがあがり

時間をもらって正月気分を味わいにモールへ!

 

そこで見つけた福袋ならぬ詰め放題に挑戦!

植物の活性剤詰め放題で200円!

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

私は今年最初の大勝負に出ました。

小さな袋にどこまで入るか。

 

隣のマダムの動きを観察しながら、、、、

 

 

 

 

成果は!

 

 

iPhoneImage.png

どうでしょうか!これで200円!

 

 

 

 

 

でも。私達は気づいてしまいました。。。。

 

 

 

 

我が家にはこんなに活性剤を使うほど植物がない事を、、、

こんなにどうしよう………(笑)

 

 

 

 

こんな事をやらかすお正月。

 

 

 

愛犬を人の浮かれ気分に巻き込みすぎないように

でもせっかくの正月をお祝いしながら

いい一年のスタートを切りたいですね!

 

 

 

 

 

 

| 独り言 | 23:53 | comments(0) | - |
一年の終わり

GYAです。

 

毎日寒い日が続き、私はもうノックアウト寸前です。

 

 

 

そんな愚痴も今日は控えめに。(笑)

なぜなら今日は大みそかですから。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

久しぶりに会う顔とワクワク過ごす人と

いつもの顔とのんびり過ごす人など。

 

それぞれの大みそかをお過ごしかと思います。

 

 

大みそかは一年を振り返る機会となりますね。

Poochesでも一年を振り返ろうと思います。

 

 

まず、反省点から。(笑)

 

今年は、戌年!

だったのですが、とっても穏やかで、

戌年だしもう少し攻めた一年でもよかったかなと。(笑)

 

 

でもでも!

良かった事もたっくさんありました!

 

 

 

でもでも!

新年早々、ライン@を始めてたくさんのお友達が出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

4月には10周年を迎え初めてホールを貸し切って式典を開催することが出来ました。

式典の時、出席いただいた皆様とお時間を過ごさせていただき、

本当に私達はたくさんの方々に支えていただいているんだと実感しました。

 

 

 

夏にはプールも開催し夏を満喫しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

秋には恒例のカドリールを披露出来ました。

 

 

 

 

 

 

そしてクリスマス、初めてクリッカークラスのみんなで映画を作成しました。

 

 

 

 

 

 

そして年末、お世話になったファミーユさんの忘年会に出席させていただいて

やはり犬のいる時間はいいなーと実感しました。

 

 

 

そんな充実した一年の終わり。

 

 

 

 

 

今日は当店にもたくさんの犬達が居ます。

 

 

初めての環境でドキドキしている子や、

もう我が家のようにくつろいでいる子など。

 

さまざまな感情が入り混じる店内ではありますが、

私達はその全ての犬達にとって少しでも滞在が快適になるよう努めます。

 

 

なので、飼い主様にお願いです。

 

どうか安全運転で無事に帰ってきてくださいね。

そして笑顔いっぱいの再会を果たしてください。

 

きっと愛犬が近くにいない事、とっても不安だと思います。

元気にしてるだろうか?

ご飯は食べているだろうか?

 

今、愛犬がどんな時間を過ごしているのか。

きっと気が気でないはずです。

 

 

私達は、そんな気持ちごとお預かりする覚悟ですよ。

 

 

年末年始もたくさんの犬達に囲まれて過ごせることを幸せに感じつつ、

重い責任も感じています。

 

無事故で新しい年を迎えられるよう。

 

 

無事帰ってきて下さった飼い主さんに

笑顔でワンズをお返しできるように。

気を引き締めて頑張ります。

 

 

お客様をはじめ、関係者様。

今年一年大変お世話になりました。

 

 

皆様のお力添えあってこそ。

今年も無事故で笑顔で一年を終えることが出来ます。

 

本当に感謝でいっぱいです。

 

 

来年も気を抜くことなく。

目の前の事に真摯に向き合い。

犬達の生活の質の向上と

 

 

今年から始めた譲渡ボランティア活動も積極的に行い、

皆様からのお気持ちを少しでも犬社会に貢献できるように

今後も精進してまいります。

 

 

 

 

 

 

 

さぁ。

2019年どんな一年になるでしょうか。

 

 

ワクワクしていますよ。

だから大みそかはドドンと!

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

年越しそば食べました。

 

アヒージョと共に。(笑)

 

 

和食なのか洋食なのか。

 

このまとまりのなさが当店の売りです。(笑)

 

 

 

 

 

 

しかし、、、、

 

まとまりがないが故、

たくさんの方の力が必要です。

 

 

 

 

頼もしいスタッフのお2人はもちろん。

お客様にも変わらずお力を貸して頂きたいです。

 

 

 

 

 

2019も!

 

 

 

 

iPhoneImage.png

ちぐはぐな私達ではございますが、

猪突猛進!突き進んでいきますので

 

どうぞ。変わらぬご支援よろしくお願いいたします。

 

 

皆様、良いお年をお迎え下さい。

 

| 独り言 | 20:09 | comments(0) | - |
一年の終わり

GYAです。

 

毎日寒い日が続き、私はもうノックアウト寸前です。

 

 

 

そんな愚痴も今日は控えめに。(笑)

なぜなら今日は大みそかですから。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

久しぶりに会う顔とワクワク過ごす人と

いつもの顔とのんびり過ごす人など。

 

それぞれの大みそかをお過ごしかと思います。

 

 

大みそかは一年を振り返る機会となりますね。

Poochesでも一年を振り返ろうと思います。

 

 

まず、反省点から。(笑)

 

今年は、戌年!

だったのですが、とっても穏やかで、

戌年だしもう少し攻めた一年でもよかったかなと。(笑)

 

 

でもでも!

良かった事もたっくさんありました!

 

 

 

でもでも!

新年早々、ライン@を始めてたくさんのお友達が出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

4月には10周年を迎え初めてホールを貸し切って式典を開催することが出来ました。

式典の時、出席いただいた皆様とお時間を過ごさせていただき、

本当に私達はたくさんの方々に支えていただいているんだと実感しました。

 

 

 

夏にはプールも開催し夏を満喫しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

秋には恒例のカドリールを披露出来ました。

 

 

 

 

 

 

そしてクリスマス、初めてクリッカークラスのみんなで映画を作成しました。

 

 

 

 

 

 

そして年末、お世話になったファミーユさんの忘年会に出席させていただいて

やはり犬のいる時間はいいなーと実感しました。

 

 

 

そんな充実した一年の終わり。

 

 

 

 

 

今日は当店にもたくさんの犬達が居ます。

 

 

初めての環境でドキドキしている子や、

もう我が家のようにくつろいでいる子など。

 

さまざまな感情が入り混じる店内ではありますが、

私達はその全ての犬達にとって少しでも滞在が快適になるよう努めます。

 

 

なので、飼い主様にお願いです。

 

どうか安全運転で無事に帰ってきてくださいね。

そして笑顔いっぱいの再会を果たしてください。

 

きっと愛犬が近くにいない事、とっても不安だと思います。

元気にしてるだろうか?

ご飯は食べているだろうか?

 

今、愛犬がどんな時間を過ごしているのか。

きっと気が気でないはずです。

 

 

私達は、そんな気持ちごとお預かりする覚悟ですよ。

 

 

年末年始もたくさんの犬達に囲まれて過ごせることを幸せに感じつつ、

重い責任も感じています。

 

無事故で新しい年を迎えられるよう。

 

 

無事帰ってきて下さった飼い主さんに

笑顔でワンズをお返しできるように。

気を引き締めて頑張ります。

 

 

お客様をはじめ、関係者様。

今年一年大変お世話になりました。

 

 

皆様のお力添えあってこそ。

今年も無事故で笑顔で一年を終えることが出来ます。

 

本当に感謝でいっぱいです。

 

 

来年も気を抜くことなく。

目の前の事に真摯に向き合い。

犬達の生活の質の向上と

 

 

今年から始めた譲渡ボランティア活動も積極的に行い、

皆様からのお気持ちを少しでも犬社会に貢献できるように

今後も精進してまいります。

 

 

 

 

 

 

 

さぁ。

2019年どんな一年になるでしょうか。

 

 

ワクワクしていますよ。

だから大みそかはドドンと!

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

年越しそば食べました。

 

アヒージョと共に。(笑)

 

 

和食なのか洋食なのか。

 

このまとまりのなさが当店の売りです。(笑)

 

 

 

 

 

 

しかし、、、、

 

まとまりがないが故、

たくさんの方の力が必要です。

 

 

 

 

頼もしいスタッフのお2人はもちろん。

お客様にも変わらずお力を貸して頂きたいです。

 

 

 

 

 

2019も!

 

 

 

 

iPhoneImage.png

ちぐはぐな私達ではございますが、

猪突猛進!突き進んでいきますので

 

どうぞ。変わらぬご支援よろしくお願いいたします。

 

 

皆様、良いお年をお迎え下さい。

 

| 独り言 | 20:09 | comments(0) | - |
愛犬を守るという事

GYAです。

 

今日は、【動物愛護フェスティバル】でした。

 

久屋大通公園で毎年開催されるこのイベントは、

その名の通り【動物愛護】について考える貴重な機会です。

 

 

今年は話題の猫バスも来ていました。

猫バスとは新しい猫の里親さんを探すものですが、

フェスティバルの会場でこのような取り組みは画期的ですね。

 

 

私達、Poochesもデモンストレーションとカドリールで参加させていただきました!

晴れパワーを強くしすぎたのか、雨予報が嘘のようにカンカン照りでしたが、

今年はテントも用意していただき、ミスト扇風機まで!

 

おかげで直前まで暑さ対策出来ました!

 

 

 

さぁ

数か月行ってきたレッスンの成果を

愛犬と一緒に出し切るときです!

 

 

今年のテーマはUFOでした。

グレーとピンクのおそろいTシャツで決めて!

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

しっかり愛犬と見つめあって

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

仲間とも息を合わせて

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

レッツカドリール!

 

 

 

 

 

あっという間の1曲でしたが、

それぞれの課題もクリアし、見ている私も感無量でした。

 

後悔や課題が残るのも、成長したからこその欲ですね!

 

 

 

 

そして

今年の愛護フェスティバルのテーマは

 

【ペットと防災】でした。

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

皆さんにも参加してもらって、

防災時にやっておいたほうが良いトレーニングのお話をさせてもらいました。

 

 

 

 

でも。

食料の備蓄やハウストレーニングなどだけでなく。

 

 

やっぱり日常的なコミュニケーションと。

様々な事に動揺することなく過ごせる精神力を養う事が

一番重要ではないかと考えます。

 

 

 

もしもの時、愛犬が堂々と、できるだけ普段通りでいてくれたら、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【もしも】は突然来ます。

 

 

だから、今備えましょう。

 

 

決して特別な事はしなくていいんです。

 

 

 

 

愛犬と色んな場所へ行き、いろんな事に触れ、

苦手だと思っていたことを少しでも受け入れられる余裕を作る。

 

 

 

 

 

 

でも。

 

そこには、私達人間の力が必要です。

 

 

 

私達は自分で色んな経験をするために、動き出すことが出来ますが犬はできません。

 

 

 

彼らの経験値や学びは全て私たちが与えてあげないと得られないのです。

 

 

 

愛犬を守るために愛犬を育てる。

飼育ではなく、共生です。

 

 

 

ご飯をあげて散歩に行って、、、、、

 

 

でも。それだけで十分でしょうか。

 

 

 

彼らの不安を軽減するため、

人間社会にある様々なものの【大丈夫】を一緒に証明してやる事。

 

 

その為の行動を起こしてあげましょう。

 

 

 

他人や他犬が苦手な事、ハウス待機が出来ない事は

恥ずかしい事なんかじゃありません。

 

その苦手に対して、吠えたり暴れたり噛んだりしてしまうのは、

 

知らないだけなんです。

 

 

 

そのものが大丈夫な事も。

他に訴える手段がある事を。

 

 

私達は言葉の通じない相手に、

どうやってそれを伝えるかを考えてやらなくてはいけません。

 

 

それが結果的に【守る】という事になるのだと考えます。

 

命を守るだけでなく、彼らの生活を保障する事。

生活の中で怖くない、できた、楽しい!を与えてやる事。

 

 

体験させ、考えてもらい、私たちの気持ちも伝える。

理解しあえるまで何度も繰り返します。

 

 

災害などの異常事態の時、

状況すら把握できない犬達に、唯一与えてやれる安心は

 

【飼い主】です。

 

私たちがいる事、私たちから得た情報が彼らの安心材料になります。

そうなってもらうために、何も起きていない今、

たくさんのコミュニケーションを取りたいですね。

 

 

それも楽しみながら、できるだけ自然に。

 

 

防災というと、特別な訓練を想定しがちですが、

日常のちょっとした工夫で、安心材料を増やすことが出来ます。

 

 

 

色んな苦手があった子も。

今日のあの大観衆の中、堂々と演技していたのですから!

 

一緒に作ったコミュニケーション時間の成果を

犬達はハッキリ私達に示してくれました。

 

 

トリックの成功ばかりでなく、

愛犬の心の成長を目の当たりにできた時間でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

帰ってなりふり構わずダウンの私に

寄りかかりながらも向けられたカメラに対応すべく

必死に起きてカメラ目線をする健気な姫様。

 

 

 

ほら。

犬はいつだって人より真っすぐで素直です。

 

 

 

そんな彼らを守れるように。

 

 

 

これからの正面から向き合って

しっかり関係づくりをしていきたいですね。

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

ご参加いただいた皆様!

お疲れ様でしたー!!!!!

 

 

 

| 独り言 | 22:36 | comments(0) | - |
犬のしつけ

GYAです。


寒いですね。はい。


私は、店ではちょっと有名な寒がりです。


もう冬が来るのが怖いです。


ほら。

Poochesって冬眠制度ないんです。

さて、愛護週間ですから。

今日は犬のしつけについて考えてみます。

私達は、家庭犬インストラクターですので。


犬のしつけをするお仕事!と思われがち、、、です。



が。厳密には、犬の行動が変わるように、ハンドラー


つまり飼い主さんへアドバイスする事がミッションなのです。


な、ぜ、な、ら。


犬達と暮らすのは飼い主さんだからです。


犬のしつけというと。


「犬をお利口にする」「いう事を聴くようにする」


と思われがちです。


しかし、「お利口」の基準はそれぞれですし


「言う事を聞く」で言えば、犬は人の言っている事が理解できれば

そしてその行動が自分にとって得であれば行ってくれます。


つまり、私たちの「伝え方」と「動機付け」で犬はいくらでもいう事を聞きます。


そして、「お利口」についてですが、


その定義はあいまいでどんな子がお利口なのか、、、、



で。私達Poochesではお利口の定義は、

「それぞれの生活に適応している事」


他の家では問題であっても、我が家で困っていなければそれは問題行動とはならないわけです。


例えば、わが伊藤家では、

人が食べているご飯を食べても大丈夫です。(笑)



、、、ただし!



「欲しいんだったらお座りをしてキラキラした目で私を見る事」


そして


「私があげたものだけ食べる事」


つまり、勝手に皿の物を食べたり奪ってはいけないのです。


このルールさえ守ってくれれば、

私が食べているものを欲しがって寄ってきても問題行動ではありません。



つまり、「お利口」の基準は各家庭で決めてよいのです。


犬のしつけって、「我が家で暮らすにあたり、これは守ってもらいたい」

という事を犬に伝える作業なんだと思うんです。


「しつけ」という言葉を極端に嫌う方もいますが、

まぁどんな言い回しでもいいじゃない!と思うずぼらな私ですが。



しつけという言葉を使わないとするなら、

「ルール作り」でしょうか。



同じ空間を共にする相手に、

お互いのストレスが少しでも少なく済むように、

「こんな時は、こうして下さい」をお互い伝えます。



噛んでしまう犬には、


「私も君が言いたい事、汲み取るようにするからさー」


「君も噛む以外の方法で嫌だ!って感情伝えてくれないかなー」


という作業をします。



何で「噛む」という行動を起こすのか。


その動機は何かを人が理解し、


その時は「こうしててよ!」を伝えます。




しかしそれは突然できるものではありません。


人間だって同じです。

初対面の人といきなり暮らして、

一方的にルールを伝えられたら腹立ちますね。(笑)



その人とコミュニケーションを取る中で

自分の希望も叶う事が分かり、自分の気持ちが伝わり、

相手の言っている事が理解できるから、

自分の行動を変えてみようと思うのです。


だから、いきなり「吠えるな!」!ではなく。


日常的にコミュニケーションを取り、

「吠える」以外の手段を使って飼い主さんと

コミュニケーションを取っているからこそ。

「吠える」が私たちの望むコミュニケーション手段ではない事に気が付いてくれるのです。



問題行動を起こす犬はいません。


犬の自然な行動を私たちが問題だと感じているのです。


その犬達にとって自然な行動を私たちにとって、

困らない行動に変えて欲しいなら。

普段から、私たちの声に耳を傾けてくれたらいい事あるよ!

と。コミュニケーションを取っておきましょうよ!



コミュニケーションはお互いの意思疎通が出来てはじめて

成立したと言えます。


だから。

「困った行動が出たからしつけ」ではなく。

困った行動が出た時、それを

「私は困ってるよ!」と犬に伝えやすくしておくための

日常的なコミュニケーションレッスンを日ごろからしておきたいのです。



それが、「基礎トレ」

つまり、お座り・伏せなどの基本的なトレーニングです。



人の声に耳を傾け、音を聴き分ける集中力を養います。


そんなトレーニングを人にとっても楽しくやっちゃおー!というのが

「カドリール」です。



カドリールとは、

音楽にのせて人と動物が一緒に息を合わせお座りや伏せなどの基本動作を行って行く

ダンスのようなものです。


そんなカドリール!


今年も【動物愛護フェスティバル】で披露します。


iPhoneImage.png


練習してますよ!


今年は総勢16名のメンバーで特訓中です。


当日は、みんなでおそろいのTシャツを着て

一丸となり行います!!!!!


もう。

ラストスパートの今は、、、

血を見るような特訓です。

iPhoneImage.png

夜の駅前でも。(笑)

集団ダンス。

iPhoneImage.png

飛んじゃうぐらい張り切ってます!

私たちがカドリールを披露する

【動物愛護フェスティバル】は


9月23日10時から16時まで

久屋大通公園で開催されます。


私達Poochesの出番は、

【12:00〜】です。


お時間あります方はぜひぜひ

応援に来てください!!!

| 独り言 | 23:34 | comments(0) | - |
動物愛護週間

大変ご無沙汰の投稿のGYAです。

 

いやー。

皆さんからもうブログは書かないのかと、言っていただき。

「近日中にはー、、、」なんて言い続けて数か月、、、、

あいつの近日は数か月単位か!とあきれられているの覚悟です。。

 

しかし。

今日は書かなくてはいけない日なのです。

なので、決意の心をもってパソコンに向かっているのです。

 

そう。

今日から動物愛護週間が始まります。

動物達の力を借りながら仕事をしている私たちにとって、

この期間をスルーするわけにはいかないのです。

 

私たちは、動物たちの中でも「犬」と一番密に関わっています。

スタッフの伊藤は猫とも暮らしていますので猫も身近な動物ですね。

 

そういえば先日、久保田が「次は猫も飼いたい」と言い出しまして。

私は、猫を飼った事がないので、、、

「何で飼いたいのか?」と家族会議を試みたわけです。

 

すると。まさかの。

「大きい猫飼って、リード付けて散歩したい」と。

 

…………。は?えぇ?は?あん?

 

 

 

「じゃー犬でいいじゃねーかー!!!!!!!!!!」

 

 

と。結果、モヤモヤだけが今も残っています。(笑)

 

 

 

猫にしかないこんな魅力あるよ!!

という猫派の皆様のご意見待っています。

 

 

そうしたら私も猫を迎える決心が出来、我が家に猫が来て

久保田が大きな猫を散歩させる夢が叶う日が来るかもしれません。(笑)

 

 

しかしそもそも。

大きな猫ってどの程度の大きさをイメージしているのか。

 

 

身長の大きな久保田の考えるスケールが分からないので

将来どんなサイズの猫を迎える事になるのか今から不安です。。。(笑)

 

 

さて、本題に。

 

動物愛護週間をどう過ごしましょうか。

 

何か、動物保護の力になるような活動に参加するのか。

 

各地で開催されているイベントに参加するのか。

 

保護犬の里親に名乗り出るのか。

 

 

色々な動物愛護の形がありますね。

しかし、私は毎年、この愛護週間が来るたびに、

 

まずはいつも私の生活の中にいる「愛犬」について考えます。

 

彼らの大切な時間を大切にしてあげられているか。

私たちが提供しないと得られない彼らの楽しみを自分の時間を割いてでも

彼らに提供できているか。

 

 

………今の私は反省しかありません。

だからと言って、今すぐその反省点を改善させることが出来るわけではありません。

 

だからこそ。

せめてこれでいいのか。

もっとできることはないか。と考える事だけはしようと。

 

 

日常過ごす中で今よりほんの少しでも、

彼らの事に使う時間を作る事。

 

それは直接的な事でなくても、例えばこの記事を書いている時間も

3頭の愛犬の事を考えながら書いているわけです。

 

 

そんな時間を過ごす愛護週間の初日でした。

 

 

動物愛護は決して特別な事ではありません。

 

 

ただ確実に私達より自由も選択肢もない犬達に。

 

 

その犬達を私たちの生活に一方的に入れた責任と

 

雑然としている私のつまらない日常を、

さりげなく。でも大胆にかき乱してくれる

愛犬たちに感謝する時間にしたいです。

 

 

犬が大好きな私ではありますが。

正直、犬にはなりたくないです。。。。

 

 

自分の意思で外で出る事も出来ず。

自分の食べたいときに食事を摂る事も出来ず。

自分の生活も支配している飼い主に気持ちを伝える事も簡単ではない。

やっとの思いで気持ちを表現したら、「問題行動」と言われ、

わけもなく静止されたり自分の気持ちが叶わない。

 

そんな窮屈な毎日。

想像したら私は耐えることが出来ません、、、。

 

 

なのに。

私たちの愛犬はその生活をしているのです。

 

 

きっと、もどかしい毎日を過ごしているでしょう。

 

 

もしくはその現実を受け入れて過ごしています。

 

 

 

そんな愛犬に毎日たくさんのものをもらいます。

 

もちろん。

その中には、良い感情出ないものも含まれるでしょう。

 

どんなに愛おしい存在であったって、

同じ空間を異種間で共有するのです。

 

 

そりゃーお互いにとって居心地の悪い時間もあるでしょう。

ムシャクシャしたり、うまくいかない事もあるでしょう。

 

 

 

でも。

私たちが感じるこのささやかな苦痛など、比べ物にならない程の窮屈さを彼らは生涯追って暮らすのです。

 

 

でも彼らと過ごす共同生活の中で、

「今、うちの愛犬絶対キラキラしてる!!」と感じる時間があります。

 

そんな時間を少しでも多く提供できること。

その時間は間違いなく私自身もキラキラした時間を過ごしているはずですから。

 

 

動物愛護の基本は、

私は「共生」だと思うのです。

 

 

愛犬達は私たちの生活の中に入ってきました。

でも。そもそもは、動物たちの生活の中に人間が入っていったはずです。

 

 

そんな歴史の経て現在のパートナー関係が作られているとするなら。

 

 

犬にばかり我慢させるのはもちろんタブー。

でも、完全に愛犬のペースで暮らす事は無理です。

 

 

お互い、我慢する部分が必ずあるはずです。

 

 

退屈な時間を我慢して過ごす愛犬。

その愛犬の為に限られた自分の時間の中で

可能な限り愛犬との時間にまわす。

 

 

逆に愛犬がいる事で、

外出先では入れるところが限られるので行動範囲に制限が出る。

 

 

犬がいる楽しみと犬がいる窮屈さ。

大なり小なりこのバランスは必ず存在しますよね。

 

 

そのバランスが、

自分と愛犬どちらかだけが大きな負担になっていないか。

 

愛犬の特徴やサインを少しでもキャッチして。

今日より明日、明日より1年後の生活がお互い気楽になるように。

 

 

 

 

 

我が家で一番、我慢強いココ。

自己主張の少ないこの子の気持ちをできるだけ汲み取り

少しでも快適な環境を与えてやれるようにしたいです。

 

 

 

| 独り言 | 23:38 | comments(0) | - |
フレッシュ

GYAです。

 

実は私、野菜が嫌いなんです。

これ、ずっと前からなのですが、最近は周囲からの、

「もう若くないんだぞー」の呪縛に呪われ

健康のために意識して野菜を食べるようにはしています。

 

 

そんな野菜嫌いの私がこれはいい!と思うものがあります。

 

 

 

それはトマトジュース。好きなんです。

 

生のトマトも嫌いではないですが、あえて食べたいとも思いません。

 

 

しかしトマトジュースは食事処で見つけるとつい頼んでしまう一品ですし

トマトジュースがメニューにあるだけでその店の印象アップです。

 

ご飯食べる時間ない時の必須アイテムです。

 

 

トマト100パーセントのフレッシュなジュースが好きです。

 

 

ジュースも人生もきっと、

何でも鮮度が大切っす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな今日は当店の鮮度の象徴を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

当店の新人、河野です。

トレーニングを見学する姿もフレッシュですねー。

真剣な眼差し。素晴らしいです!

 

 

そしてご報告です。

 

 

 

本日のミーテングにて彼女のあだ名が決まりました。

(何決めるミーティングじゃ!(笑))

 

 

えっと。

彼女は、名を「マイ」と言いまして。

 

 

「マイマイ」というカタツムリがいる。。。。

 

 

 

 

カタツムリ、、カタツムリ、、、、、

 

 

ツムリ、、、ツム、、、、!!!!!!

 

 

 

と言うわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

「ツムちゃん。」です。

(トレーニング直後で乱れた髪さえも初々しさでカバーver.)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久保田は「ボタ」

私は、 「GYA」

美和は 「おばあちゃん」

 

と各自あだ名があります。

 

 

店としてそうゆう制度は必要か?とも思いますが、、(笑)

 

 

 

 

しきたりなので、乗ってもらいましょう。

 

 

 

 

 

 

フレッシュなツムちゃん。よろしくです。

 

 

 

 

 

 

 

皆さんは犬との暮らしの中にフレッシュはありますか?

 

 

 

 

愛犬を家族に迎えた時は、それはそれは毎日が新鮮で、

ドキドキワクワクでしょう。

 

 

 

 

しかし犬との生活が長くなると、

マンネリしてきませんか?(笑)

 

いわいる、生活のリズムをお互いがつかめてくるのですが、

 

 

うちの子たちも一番年上は10歳、下でも5歳です。

 

 

となると、、、、

 

 

とーってものんびりした時間が流れます。

つまり「安定」ですね。

 

 

 

しかしその安定は時に犬達を退屈にしてしまっている可能性があります。

 

 

 

私たちにとっては安定した時間でも

犬達にとっては短い一生の貴重な時間です。

 

 

犬を飼い始めた時のようにがむしゃらに向き合わなくても

お互いの生活のペースや付き合い方が分かってくることで

人が犬に甘えてしまう。

 

 

その時間が犬にとってつまらない時間となったりします。

 

 

 

 

だからこそ犬と一緒に楽しめる事、

初めての場所に行くことをやめずに、

何歳になっても愛犬にとって刺激的な場面を用意してあげたいですね。

 

 

 

初めての場所、初めての人、新しい芸などの合図。

 

 

愛犬との関係がいつまでもフレッシュでいれるよう、

私たちは次々愛犬に刺激を与えていきます。

 

 

 

そんないつまでもラブラブの恋人同士のように過ごせる

犬という存在に夢中です。(笑)

 

 

 

だから独り身だって平気なんです!(笑)

 

 

 

 

 

 

犬との生活が最期までフレッシュな出来事で溢れますように。

 

 

 

 

そしてツムちゃんの参入によって、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この方もフレッシュさを取り戻しますように!

 

 

 

 

 

| 独り言 | 23:59 | comments(0) | - |




動物病院のパピークラス
毎月第2・4土曜


みどり動物病院
毎週土曜

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


ポチッとお願いします

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
このページの先頭へ