Pooches BLOG 名古屋市緑区にあるドギーデイケア プーチーズの日記や最新情報をお届けします しつけ教室 デイケア ホテル 犬の幼稚園


■愛犬と行くバスツアーのご案内
11月26日 「バスツアーのお誘い」詳細はこちらのページでご確認下さい

■お預かり状況のブログアップについて

各スタッフ勤務外に持ち回りで行っているため掲載時間が遅れたり たくさんのワンズをお預かりしているため皆さんの愛犬が動画に映っていなかったりすることもあります。 また動画はお預かり中のほんの1分程度の状況です。
一日の全ての状況ではなくある一場面の切り取りです。
しかしほんの少しでも 離れている飼い主様が愛犬を確認できたらよいかな?と思い当店無償の付加サービスとして行っております。
ブログの愛犬の動画の様子を見てご不安を与えてしまう場面もあるかもしれませんが、スタッフ一同 すべての子の状態に配慮してお預かりをさせていただいております事 ご信頼いただけましたら幸いです。
16日 日常ケア

まずは、室内でリードをつけて一緒に歩く練習。


外へ出てみます。
ちゃんと歩く事よりも、外の世界、段差、いろんな足場を少しだけ経験してきます。





日常ケア練習に通い続けてくれている子。

最初は、"首輪を触る"ことから練習が必要で、ゆっくり、たっぷりよい印象を着ける練習を繰り返し、口輪をはめないで、足裏やカットなど受け入れてくれるまでになりました!!!



日常ケアは、デイケア(日帰り預かり)中に、苦手なお手入れ、ブラッシングや爪切りなどの練習を行っていくプランです。
デイケア2500円にプラス500円です。
どんなお手入れのどのレベルがどの程度大丈夫なのか日常ケアシートに記載していきますので、必要練習内容や成長具合を目で見て確認していただけます。





日常ケア初日です。
慣れた環境、慣れた相手のときと、トリミングに出したときと、感情が違う子は多くいますね?



 



プライベートしつけ方教室です。

苦手ポイントを見極めて、必要な設定や練習方法をオーダーメイドいたします。






1ヶ月間プーチーズにお泊まりしていたMeice。
元気に過ごして無事にお返しすることができました。


最後に体を綺麗にして、ご帰宅準備です。
| しつけ 世話 | 16:57 | comments(2) | - |
19日の様子
パピーケアや日常ケア、犬の学校などありますが、どんな練習をするときでも「無理をしないこと」は大切です。
無理を続けていくと、唸ったり咬みついたりなどの問題行動に繋がる恐れがあります。
学習を進めるときは、必ず犬たちの小さなサインを読み取りながら進めていきます。


遊んでいることが好きな あや(シェルティ)は、落ち着ける環境や人がゆっくり動いてあげることで、受け入れ方も大きく変わってきます。

環境を整えてあげることで、リラックスして耳掃除もできます。



葵(ポメ)はパピーの頃からPoochesに通ってくれているので、オビディエンスは得意です。
しかし、お手入れは少し苦手なようなので、持参していただいた歯ブラシで歯磨き練習です。

顔を背けることがありましたが、スモールステップで繰り返し行うと、歯ブラシを歯に当てていることも受け入れられるようになりました。



アキ(柴)も歯磨き練習です。
凄い顔で写っていますが、唇を持ち上げた瞬間なので、怒っていたり拒否をしている訳ではありません^^;


爪切りを持って前脚をもつことも、少しずつ受け入れることができています。



トリミング全般が苦手な花(パピヨン)は、シャンプールームでハサミに慣れる練習もしました。
初めのころは尻尾を触ることも拒否されていましたが、時間をかけて不安を安心に変えていく練習をしてきたことで、やっていることを受け入れてくれ、表情も落ち着いていました。



今日が初めての「犬の学校」のガク(ビーグル)。
来て直ぐは緊張しているので、まずはサークル越しに挨拶です。


人がプレイルームから出て行っても落ち着いて(吠えないで)待つことや、オビディエンスも行いました。

離れて「オスワリ」の合図を出しています。アイコンタクト(目と目を合わせる)をしたまま、座った状態をキープしています。
ステップアップして、「マテ」の合図を出し人が動いてもオスワリをキープしています。「マテ」=動かないことが理解できていますね。



保護犬たちもスタッフに随分と慣れてきました。

自分から近づいて、スタッフの手から直接フードをもらう かまと。来た頃は一歩近づくと一歩離れていき、中々距離が縮まりませんでした。


こちらは完全に安心しきってお休み中の だいきち です。







※ 動画や写真に写ってないワンちゃん すみません。
| しつけ 世話 | 22:52 | comments(0) | - |
強化週間第2弾
伊藤です。

強化週間ですから。
今日もトレーニング載せます。















やる気スイッチON!





今日は、COCOとカラーコーンで
『鼻タッチ』

コーンの穴をめがけて鼻でタッチしてもらいます。

まずはコーンを見るなど、関心を示したらclick!
次は手でも鼻でも良いので触れたらclick!
次は鼻で触れた場合のみclick!
ゴールは穴に長く鼻を入れている事です。


愛犬の中でも用心深さNo1のCOCOには
ゆっくり、ゆっくり次の行程に進みます。







こちらです。










分かりましたか?笑

……途中、伊藤がもう少し長く鼻を付けたら鳴らそうと、待っていたのですが、COCOは『アレ?違うのか。』と混乱してしまいました。

私の焦りすぎです。
もっと、確実に鼻を穴に入れると理解するまで待ちます。



すると。






このように、長く鼻を付けていられるようになっていきます。

用心深いCOCOにはゴールはまだ先ですが、焦らず精度を上げていきます。
せっかちな伊藤にとって、COCOとのトレーニングは我慢のレッスンです。笑


長くなりすぎると嫌になってしまいますので、トレーニングを楽しんでいるうちに終了です。
『クリッカーは楽しいもの』が大原則ですね!


1日でたくさんやるよりも、毎日を少しずつ行っていく方が効果的です。

バレンタイン企画も終わり、次のイベント計画中です。
皆様、参加型のものがいいな〜と。


………良い、案を下さい。笑
伊藤を助けてください。



『何か、ないか〜』


と、相談相手のJOYを見ると。










無防備に寝ております。

……いざという時、頼りにならない男です。笑





面白い企画思いついた方は伊藤までご一報を!!!

 
| しつけ 世話 | 00:06 | comments(0) | - |
ゆるゆるminiアジリティー 10.24
JUGEMテーマ:ペット





ゆるゆるminiアジリティー。

それぞれのレベルでクリッカーを使った練習。
ウィーブポール合図で通り抜けるように教えています。


ブランクのあるロクですが、とても集中できました。

 

小ぶりなジェイは、スピードも速くパパさんのハンドリングに無駄が無いのでまだ
数回のアジリティーですが良い走りをしてくれます。



初参加のゆず。
事前レクチャーの時に初めてクリッカーを使ったのですが、とても勘の良いこで意欲的
なので、苦手な障害物も少しずつ克服できそうです。



途中の休憩時間には、飼い主さん同士の意見交換もあったりで犬達もリラックスで
過ごします。




クレート待機も落ち着けていて、眠くなってしまったワンズ^^
| しつけ 世話 | 21:53 | comments(0) | - |
犬の車椅子
本日は わんうぉーく の小林さんが来てくださいました。
千葉県で犬の車椅子を作り、介護や飼い主様の負担軽減のために精力的に活動されている方です。

数日前 偶然愛犬が歩けなくなってしまったという飼い主様から相談を受け、小林さんの訪問日に合わせて愛犬をPoochesに連れてきてもらうことになりました。
犬は足腰が弱り横になっている日々が続くと一気に筋力が落ち、急激に歩けない状態になってしまいます。
今回のシェルティーさんは、まだトコトコ歩ける時もあるけど、急に後ろ足が崩れて倒れてしまうことが増えてきているという段階でした。
通常はメールのやり取りでオーダーメイドをしてもらい、時々他県に出向いて車椅子利用者方と会って調整やアドバイスなどされることもあるそうですが、
2輪か4輪か、サイズは・・・どこまで補助が必要か・・など少しの調整の違いで 犬にかかる負担が大きく違ってきてしまうので、
今回のシェルティーさん一家は 直接小林さんに見てもらえてラッキーでしたね。


犬は車椅子は乗って動ける乗り物だという認識はないので、最初は動かない子もいれば 最初から軽快に動く子もいるそうです。
シェルティーさん、最初は足を前に動かすためにサポートが必要でしたが 試乗後数分で自分で動き始めました

生き生きとした表情が見られるとうれしいですね。
日中は動き回って臭いや音の刺激も受けることで 夜はぐっすり眠れますね。
老犬だからとあきらめる前に、車いすの利用もおススメいたします。

ホームページ : 犬の車椅子のわんうぉーく
 
| しつけ 世話 | 23:01 | comments(2) | - |
良い環境を整える
社会化トレーニングのため預かり中の3か月のパピー6匹。
食欲旺盛です。
6匹で一緒に食事をさせると、大慌てで焦って食べ、隣の子のご飯を奪いに行ったり
取られてしまい自分の分がすこしになったり・・・
「食事をシェアして食べる」習慣よりも、「奪われる前に急いで食べる」習慣をつけ餌への執着が強くなりそうですね。

ですので、1人一皿、落ち着いて食べれる環境も準備します。
奪わないでお行儀よく食べる練習は、その学習が進む環境を設定して練習します。

特定の刺激にキャンキャン吠える子もいます。
一匹が吠えるとみんなで吠えることが習慣化しないように、環境を考え介入もしていかなければなりませんね。



困る行動を習得させない環境設定。
行動を変えるよりも、望ましい行動が出やすいように環境を変える。


数か月間お預かりしていた 保護犬チョコも、新しい飼い主様に出会い幸せに生活しているそうです。

捨てられる犬が悪い犬なのではないのですよね・・・。
犬という動物を、そして自分のところに来た犬の性質を理解して、家族として育てていく努力が必要です。
ご飯を与えて、散歩に行って 都合の良い時だけ振り回していては犬が気の毒です。
 
私たちが犬育の協力をさせていただいている保護犬達も、過去の事は知ることはできませんが、しっかり性質を見て、社会化トレーニングや必要な場合はリハビリを行い、新しい飼い主の生活環境とマッチするかを見極めてから、もらわれていきます。二度と捨てられることが無いように、犬育てや譲渡に係る人間の責任でもあります。
 
 
| しつけ 世話 | 13:52 | comments(0) | - |
犬のシニア準備セミナー のお知らせ
犬のシニア準備セミナー
〜愛犬の高齢期に備えて〜

日時: 10月18日(土) 2:00〜3:15
場所: 名古屋みらい動物病院
対象: 6歳以上の犬の飼い主様
費用: 1080円(税込)
*キャンペン期間中に犬ドックを受けた方は無料です
申込: 名古屋みらい動物病院
052−838−9009

。押В娃亜腺押В械
・犬の高齢期とは
・高齢期にみられる犬の変化
・気を付けるべき病気
■押В械亜腺魁В娃
・行動の変化とその対応
・介護・老い仕度(介護用品と工夫・エクササイズなど)
3:00〜3:15
・質問タイム

飼い主として高齢犬に起きる変化を知り、それまでにできる事、そうなったらやれる事など知り、毎日の生活を少しでも豊かにするための情報を提供させていただくセミナーです。

 
| しつけ 世話 | 16:00 | comments(0) | - |
犬に学ぶ
 研修生奮闘中です。

犬はマニュアル通りやこちらの思い通りには簡単に行動しないのです。

聞くことや伝えることに 私たちがうまくなればなるほど
犬は聞こうとしてくれます。
相手を知り、相手に知ってもらうことを努めることが 
人を大きく成長させてくれます。

犬の能力を知り、引き出すことがトレーナーの役目でもあります。

今回経験してもらったことは
々佑┐銅発的行動を引き出す

犬に考えて行動を起こしてもらうことが目的。

フード等で誘導すれば行動は早く見れるが、誘導が無くなると何をしたら結果が得られるのかわからない。

クリッカーを使って行動形成から合図でジャンプできるように刺激制御まで プランの構想から 犬の反応を見極めてステップアップする技術を磨きます。

▲螢に「伏せ」を教える

「伏せ」を教えたことが無いリク。 
教科書に載っているやり方では、成功しないリク。

教え方はいくらでもあるけど、この犬にとってベストな方法を行えるように トレーナーは引き出しをいっぱい持っていたいです。


リクにハーネスをつける

犬の気持ちをシグナルから読み取り理解すること。
足を触られることを鈍感にすること。
自分から足を入れたら フードがゲットできることを気づかせること。

一つの作業だけど いっぱい感じとって、良い方向へ導くにはどう行動してあげると良いか、人間の練習です。

「Think Dog」
犬の気持ちに近づき 伝え方や振る舞いに気を使いましょう。
| しつけ 世話 | 21:13 | comments(0) | - |
26May2011 うれしい食事


大好きなムツゴロウさんの本。
しつけの事が書いてあるけれど、 「座れ」の教え方とか、ハウスの練習のこととかは書いていません。
犬という動物を理解して 愛犬との生活を楽しむ方法がほとんどで、完全に犬目線ですね。

10万以上の犬と関わった経験はもちろん、獣医・科学者であるムツさんの言葉は根拠があり信頼できます。

・犬に先に食事を与えてはいけない
・犬に先にドアを出させてはいけない。
・散歩は犬を先に歩かせてはいけない
など信じている方には是非勉強していただきたいですね。


今回は、この本の中から「犬の食事」について格言を拝借。

「おいしい」 は 「うれしい」
「うれしい」 は ”生きる力”。




 
人間はおいしい物を食べると幸せに感じます。
犬も一緒でしょう。
(ムツさんの心拍数計測器使用実験で証明されている)
特に犬は、行動範囲を制限され 楽しみの選択肢も少ないから 食べる事ってスペシャルイベントだと思いますよ。


「うれしい」は“生きる力”というのの例として、
「宇宙飛行士はなぜレトルト食品を必要としているか。
錠剤だけでは、搭乗員の心も体も疲れてしまうからではなにでしょうか?」
と書かれている事に 確かに!って感じましたね。
食べる事 おいしい物を見つけることは 生きがいの人も多いですよね。もちろん私も。 
栄養調整食品だけ食べなさいと言われたら 心が病む。

それで、この「おいしい」は「うれしい」をしつけに活かしましょう!と書いてあります。
「うれしい物」が人間の手からもらえれば 人間の手を怖がるようにはならないでしょう。
「うれしい物」が 行動(言葉のキューに答えた時・人の横を歩いている時とか)に伴って出てこれば、その行動は喜んで行うでしょう。 

ご飯の前の「オスワリ!」「まて!」・・・・「よし!!」 
以外にも どんどん普段の生活にも取り入れていきましょうね。
(私は食事の前の指示は一つもだしませんの。 「おまたせ!」って感じで。)

いつものドッグフードに トッピングするだけで喜びますよ。
トッピングしか食べなくなる と言われるなら、
「おいしい!うれしい!」を感じてくれたってことですね〜
ちょっと工夫(スープをかけるとか)してみましょう。

犬が喜ぶと 私は幸せを感じます。

| しつけ 世話 | 19:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
第2回 行動分析学講習会終了


夕方20時から23時まで 眠気と戦いながら 頭つかって疲れました。

普段勉強している事の再確認や忘れていた事を思い出したり 新しい事を学んだり
充実した勉強会です。
しつけインストラクターも現状の知識で満足する事無く 常にレベルUPしていくべきですね。
同じ志を持った 中部エリアのインストラクターさんたちとの情報交換も楽しんでいます。




行動分析学がしつけに必要で 正しく理解していないと効率のよく効果を出せない
奥が深く まだまだ勉強が必要です。


しつけに必要な飼い主さまが知っていて欲しい基礎を
しつけ教室で どんどんお伝えしていきたいと思います。

それから、叱ったり、首輪をぎゅ−って絞めるしつけ などがうまくいかない理由も
たくさんの飼い主様にしって欲しいです。



| しつけ 世話 | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) |




動物病院のパピークラス
毎月第2・4火曜・土曜


みどり動物病院
毎週土曜

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


株式会社Fam

Facebook

D-bac

Facebook

ポチッとお願いします

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
このページの先頭へ