Pooches BLOG 名古屋市緑区にあるドギーデイケア プーチーズの日記や最新情報をお届けします しつけ教室 デイケア ホテル 犬の幼稚園


■名古屋愛護センター見学会のお知らせ

■「pooches寺子屋」開催のご案内
5月21日10:00〜 13:00 お一人様2,700円(税込) テーマは「お散歩」お散歩中は刺激がいっぱいです。困った行動も出やすいですね。穏やかな散歩ができるようにするためにたくさんのアイデア&アドバイスをお伝えします。会場は桶狭間店です。

■「クリッカーマスター」ご案内

■お預かり状況のブログアップについて

各スタッフ勤務外に持ち回りで行っているため掲載時間が遅れたり たくさんのワンズをお預かりしているため皆さんの愛犬が動画に映っていなかったりすることもあります。 また動画はお預かり中のほんの1分程度の状況です。
一日の全ての状況ではなくある一場面の切り取りです。
しかしほんの少しでも 離れている飼い主様が愛犬を確認できたらよいかな?と思い当店無償の付加サービスとして行っております。
ブログの愛犬の動画の様子を見てご不安を与えてしまう場面もあるかもしれませんが、スタッフ一同 すべての子の状態に配慮してお預かりをさせていただいております事 ご信頼いただけましたら幸いです。
パピークラス@みらい動物病院
みらい動物病院のパピークラス。
テーマレッスンは「全身を触る」「抱っこでおちつく」「お手入れ練習」などパピーたちが
暴れたり、拒否する気持ちにならない様に優しく穏やかな気持ちを飼い主さんに意識して
貰っています。

お家でブラッシングしていると言われる方でもパピーの表情を今一度見直して
いただいたり、「嫌」のサインを見逃していないかも見させてもらっています。

目的は、ブラッシング・歯磨き・爪切りが出来ることよりも犬達のボディランゲージを
読める飼い主さんになっていただくこと!
それが、信頼関係への第一歩だと思っています。

信用してからだを預けてくれるようになれば、お手入れは出来るようになります。

穏やかな声かけで、不安になっているパピーを安心に導くことも出来るようになります。

それぞれのレベルに合わせた「お手入れ練習」



子どもさんにも積極的に参加して貰います。
大人の方はどう進めれば良いか、お手本になって貰います。
「ダメ!」と禁止することは、子供も子犬もどちらの成長も止めてしまうことになります。

こうやってみたら?と提案出来るように大人の方は導いてあげてくださいね。
そんな方法をここではお伝えしています。


テーマレッスンの後は、
「フリ―」の合図で、自由に遊んでいいことをパピーに伝えます。




犬同士や初めて会う人への社会化。
優しい人達に囲まれていると、パピーは人という生き物への恐怖心も
和らいでいきますね。
 
| みらい動物病院パピークラス | 23:16 | comments(0) | - |
それぞれの課題
みらい動物病院でのしつけ方教室。

合同レッスンのカドリールクラスにも参加中の梅吉。
今日の課題は『トリック』
個々のトリックをクリッカーで練習した後、少し流しでやってみました。



人の姿勢がスマートに見えるように誘導は外していくのですが、クリッカー
を使うとそのステップアップが早いので是非、クリッカーで練習して
みてくださいね。

今日からレッスンスタートのラブ。8ヶ月
飼い主さんとの『ルール作り』を課題に取り組みます。



欲しいものがいつでも自由に手に入る状態だと、人の指示など
聞く気にはならないのが若い犬にはよくあることです。

飼い主さん自身を『ご褒美化』していく手順は、生活全体から
見直しが必要なこともあります。



リードをぐいぐい引っ張っても無駄なことを知る。
こうしたちょっとした事を意識して接して貰います。

犬たちは毎日毎日、自分に特になる行動を強化(繰り返し)し、
定着させているので例えば、リードを引っ張るという行動は簡単にはとれません。

だから、引っ張っても無駄だと知り、どうしたらこの状態から解放され
自由を手に入れられるかを考えさせてあげる必要があります。



何かを悟った後ろ姿?

「興奮させないようにする」「引っ張らないようにする」とか
行動を止めるようにするのではなく。

「おすわりをする」「リードをゆるめる」など強化するべき行動を
引き出す環境を作ることが大事です。

この部分がラブの飼い主さんの課題。

こうしてそれぞれのご家庭の課題は違います。
じっくり向き合うならプライベートレッスンがお薦めです。
| みらい動物病院パピークラス | 18:52 | comments(0) | - |
継続は力なり〜みらい動物病院のパピークラス卒業生のしつけ方教室
みらい動物病院のしつけ方教室も3クール目になる梅吉。

頭を撫でられてご満悦の顔。



基礎トレーニング
伏せ+マテ(人が犬の周りを360度回る)



合図は1回※「伏せ!」「伏せ!」と何度も言わない。
冷静に合図を聞き分けられるような練習をすると人も犬も穏やかでかっこいいですね!

基礎トレーニング
クリッカーを使ってヒールポジションの練習をした後に、クリッカーを
無くして「ついて」の指示で一緒に歩く練習に進みました。
1歩前に出て「スワレ」の練習をしながら左横につく意識をつけています。



合図「ついて」⇒ハンドサイン⇒左横につく瞬間に「そう!」正解の合図+フード
合図「オスワリ」⇒ハンドサイン⇒左横で座る瞬間に「そう!」正解の合図+フード

丁寧に合図とハンドサインを使って、犬達がそれに応えたくなるように
練習をして貰います。

梅吉の飼い主さんは、「梅吉抜きで、私のハンドリングの練習をします。」と
言ってみえました。
私もトレーナーの学校に通っていた頃には犬に触らずに人の動きだけを
練習したものです。犬達を迷わしてはいけないので
人の動きと犬の動きをイメージしながらハンドリングの確認をするのです。

どんな風に伝えるのがその子にとって分り易いのか?これを探りながらレッスンするのが
大事ですね。


クリッカーはその過程の犬達を観察できる練習となります。
特に【考えている】瞬間が見えるので、面白いですね。




さて、新年会の申し込み期限が迫ってきました。
沢山の飼い主さまにご予約いただいております。ありがとうございます!!

まだご検討中の方も是非!ご参加をお待ちしております。

宴会部長は勿論!この方!!
伊藤GYAちゃんです。





※実際のGYAちゃんはオーナーの肩には乗っておりません<m(__)m>

 
| みらい動物病院パピークラス | 19:54 | comments(0) | - |
コツコツトレーニング
午後からの、みらい動物病院でのプライベートレッスン。

3クール目まで頑張って続けてくれています。
最初のご相談は『咬みつき』でした。
レベルとしては、『手を引いてしまうと出血が伴う咬み』です。

咬む行動がエスカレートしてしまったので飼い主さんも少し怯えていました。

約3ヶ月のレッスンを通して、飼い主さんの手に傷が出来る事は防げるように
なりました。
『咬みつく』という行動のスイッチが入った時の表情は明らかに変わります。
その後、「ガルルゥッツ」と唸りしばらく目の色が違うので普段の感情と違うことは
すぐに分ります。

ママさんには、とにかく咬みつく原因と思われる行動はしないように
関わり方から見直して貰い基礎的なトレーニングと社会化のし直しを
する事を提案し、ゆっくり急がずに感情を落ち着かせる為の共通合図を作っています。

慌てない・名前を呼ぶ・オスワリの3点セットで表情が変わるようになりました。

根気のいる取り組みなので、途中で諦めてしまいたくなる方も多いです。
愛犬の為に、頑張る飼い主さんをしっかりサポートしていきますね。

社会化のやり直し。
他犬との関わり方を知らないと散歩も恐怖の中なので楽しむことが
難しくなります。

それが、家での興奮を招いている一つの要因。



同伴のスタッフ犬、葵がお手伝いです。
経験・自信のある犬と過ごす事で、過剰に怯えずにその場の状況を
確認する行動がやっと出せます。



この距離間で精一杯。これ以上近づくと仰け反るように逃げ戻ります。
系統的脱感作は無理させずに、小さな刺激・大丈夫だったと思えた経験を
繰り返し行う事が大事です。



最終的にはこうして興味を持ちながら一緒に散歩を楽しみました。

『咬みつき』を気にするあまり犬に舐められてはいけない!と
必死になってしまうのは悪循環になってしまいます。

何もしない安心感を生活の中で与えて、飼い主さんの価値を上げる為の
基礎トレーニングを通して、苦手を徐々に克服する経験を重ねて。

落ち着いた気持ちが保てるような犬育てをお伝えしています。
それは、『犬を知る』ことから始まりますね。

クリッカーは新しい学習のお手伝い。自信もつけていけます。
この高さのマットでさえ、乗れない位恐がるこもいるのです。
それを助けてくれるクリッカーです。



GYA
オーナーから熱心にパピートレーニングレベルアップの指導を受ける。



GYA
オーナーから「彫刻刀!だと思え!!」と励まされながら握った初めての
包丁と格闘する。(3年前)



GYA
始めての包丁でりんごの種を取る。(恐ろしい…)



今や、ワンコの手作りオヤツや燻製マシーンまで使いこなすお料理上手!

頑張る人って、素晴らしい^^
| みらい動物病院パピークラス | 19:39 | comments(0) | - |
しつけ方教室で病院に慣れる
JUGEMテーマ:ペット

みらい動物病院でのしつけ方教室。

パピークラス後のクロエ。
とにかく少しでも落ち着けるようにと基礎レッスンです。



今までのご家族との関わり方で見直して頂くことなどアドバイスもしながら
考える・待つ・許可を得るなど生活にも必要なことを中心に進めています。

散歩の前に興奮し過ぎないように扉の前での「オスワリ+まて」


「フセ+まて」どちらも指示を聞いて落ち着いてから許可を得て外に出ることを

生活に取り入れて貰います。

「ここではお利口になるんだよね〜」と、言われる方は多いです^^;
ご家庭で練習出来る内容にしていますので根気よく練習してくださいね。



甲斐mixの梅吉の飼い主さんは
『家で何を教えたら良いのか分らない』
『トレーニングをさぼってしまいそう…』という事で教室に通ってくださってます。



3回目のこの日は「マテ」で人が離れる。
お家での練習の成果がありしっかり待てています。



「フセ」は出来なかったところからスタートしましたが、こんなに立派な「フセ」^^

ヒールポジションも始めた所で、クリッカーにもご興味を頂いたのでもう1クール継続して
いただきました。

とても楽しく練習を続けてくださっています!



梅吉は先月に去勢手術をしたばかりです。
それでもこの場所が大好きで先生にたっぷり甘えています。

パピークラスの時から先生には沢山美味しい物を貰ったり、優しく声をかけて貰っています。



病院に対して全ての恐怖心を取り去る事は出来なくても、良い印象が不安や恐怖心をカバーし

てくれるという事を物語っている写真です^^





動画。

飼い主さんが離れてもすぐ戻ってくるよという事を経験させるのは大事です。

 
| みらい動物病院パピークラス | 17:03 | comments(0) | - |
パピークラスとしつけ方教室 みらい動物病院
JUGEMテーマ:ペット


みらい動物病院でのパピークラス。

病院でリラックス出来てる様子は奥のレオン(ゴールデン)の様子でよく分りますね^^



隣にいる人や犬に興奮すること無く、それぞれの課題をこなします。
既に歯磨きを習慣にしている方もいれば初めて、おもちゃにしてしまう、歯ブラシは
使った事がないなどステップはそれぞれです。




帰ってからのお手入れのヒントにして頂き、習慣にしていって欲しいです。
パピーたちの好奇心を無視せず、人とのコミュニケーションツールであるボディーシグナルを理解していけるようお話させて貰っています。


パピークラス卒業後のしつけ方教室も行っています。
好奇心から、すぐに何にでも飛びついてしまう。今の内に制御出来なければ大型犬の力には太刀打ちできなくなってしまう飼い主さんの不安は分りますね。



このままパワフルに成犬になるのが心配と言っていた、ゴールデンのノンの飼い主さんですが、飼い主さんの対応はどんどん変わっていきます。自信がついてきて、意思疎通が図れるように一緒に成長していくのです。




どうしたら、飼い主さんに気持ちが伝わるか?犬自らが考えて行動をする生活を習慣にするのはまずは飼い主さんが知識と対応力を身につけることですね。

小太郎(フレブル)はパピー期を過ぎてからのご相談でしたので、パピークラスではなく
行動クリニックからしつけ方教室に進んでいただきました。



様々な刺激に反応し易いので、その前にどう対処すると良いのか。基礎トレーニングもしながら社会化トレーニングも今から地道に行って貰います。

飼い主さんの対応次第で興奮状態になってしまうこともあれば、リラックスに導いてあげる事もできます。



落ち着いた状態が楽で心地よく欲しいものを得られる事を体感していきながら成長していって欲しいです。
 
| みらい動物病院パピークラス | 20:01 | comments(0) | - |
25日のパピークラス @みらい動物病院
JUGEMテーマ:ペット


みらい動物病院のパピークラス。

病院が嫌いな場所になる前に、良い印象づけをして少しでも楽しい場所に。



先生のことも大好きなラン。



レオン(ゴールデン)スペースへの侵入に警戒し過ぎない練習。

場所や飼い主を守る行動が出る前に、受け入れて平和に過ごす経験です。



クロエ(シュナウザー)犬同士の挨拶ではなく、飼い主さんへのご挨拶。

匂いを嗅がせてあげる事で相手への安心感が出てきます。
自分から近づいて行けたことと、飼い主さんからの呼び掛けに応えるのも練習。




待合室で、飼い主さんに抱っこされて落ち着いていられるように。
実際の診察前にも興奮しないようになっていきますよ。



同居犬の診察待ち中のちゃちゃまる。抱っこでもバタバタと興奮していたのが、回を重ねる毎にリラックスできるようになってきました。

 

帰り際に駐車場から顔を見せてくれたニコ(ジャックラッセル) 元気一杯飛び跳ねてましたがこの能力を生かしたトレーニングが生きいきします。

ご家庭での練習で次回のパピークラスの様子も変わってきます。
毎日の中でちょっとづつ意識して、管理と学習のバランスを上手くとっていきましょう。
| みらい動物病院パピークラス | 19:11 | comments(0) | - |
ゆるアジ&パピークラス
グランド大好きなチョビ。

自由に走り回る方が楽しいので、名前を呼んで来てくれても人の傍にそのまま留まることが
難しい。

アジリティーに集中するまでにはもう少し時間をかけていきたいと思います。
無理強い禁物。



クリッカートレーニングに入ると集中が増します。

途中で降りない事も徐々に理解中。



アジリティーを追及する場では無いので、楽しい雰囲気とリラックスの中で

進めて、障害物への期待感を少しずつ引き出せると良いですね。



マッサージ。
とっても大切です。


午後からのパピークラス。
最終日のケンタ(秋田犬)はかなり落ち着いていられるように。



初対面のマルセル(プードル) 大きなケンタに近づかれるのを躊躇したのは

最初の10分程度だけ。



家で過ごしてるかのようなリラックスワンズ。



ケンタの飼い主さんが用意されたさつまいもが大人気で
我先にと貰いに行く。

クロ(ボーダー)との距離がここまで近くても
お互いに気にせずいられます。



色々な合図は教えていきますが、指示を出して待たせるよりも

「次は自分の番かな?」とワクワク待たせてあげましょう。
その場にいるワンコ達が実はどんどん落ち着くのです。

パピーの時期から「自ら待つ」+「待つが得」を習慣にしてみましょう。
| みらい動物病院パピークラス | 21:45 | comments(0) | - |
パピークラス11月8日 @みらい動物病院

JUGEMテーマ:ペット


初対面の元気(ボストン・6ヶ月)とケンタ(秋田犬・4ヶ月)

パピーらしくパワフルで愛想の良い二匹。

元気のママさんから順番にオヤツを貰う愛らしい後ろ姿。




ケンタのお母さんはご近所の方達に小さな頃からケンタを会わせて

可愛がって貰う機会を沢山与えてみえるのでケンタは初めて会う人が

大好きです。元気パパさんに大アピール中♪



オスワリやフセの合図にしっかり応える元気に感心している

ケンタのお兄さん。



フリ―の時間にもそれぞれ構って欲しい人の所に行ったり

お気に入りのおもちゃで遊んだり、お互いの挨拶を軽く済ませたら

始終マイペース。



大きなケンタに物怖じせずに一緒にいられる元気。

様々な場所で

小さな頃から繰り返し色々な刺激を与えて貰っているからでしょう。




ケンタもそんな元気に遊びの誘い。

大きな前足でちょっかいをかけ出します^^

この動作もゆっくりで様子を見ながら行っているので人も

しばらく見守って、やりすぎにならないように呼び戻しをして休憩

を入れながらまったりした時間を過ごします。

 

元気に走り回る事もさせてあげたいですが、こうして相手の様子を

ちゃんと見て抑制しながら遊ぶ事も経験させてあげられます。

やりたい放題・我がまま放題にならないようなパピーの管理と環境設定。

飼い主さんに学んでいただくパピークラスの大事なカリキュラムです。
| みらい動物病院パピークラス | 12:49 | comments(0) | - |
パピークラス 中・大型犬パピー@みらい動物病院
JUGEMテーマ:ペット

秋田犬パピーのケンタとボーダーコリーのクロ。

口輪の練習。



何回かの練習の中で、この「慣らす」手順を飼い主さんに学んでいただきます。

初めて見る物全ておもちゃになってしまうパピー達。



口輪が目の前に出てきた途端、確認作業として匂いを嗅いだり

咥えようとします。

そうすると飼い主さん達は、その行動を止めさせようとしたり

咥えてしまった途端取りあげようとする事が多くあります。

パピーにとってますます魅力的な物にしてしまうのはこういった何気ない行動から。

パピーのやる事なす事、叱ってしまうような毎日になってしまうと思いませんか?

新しい物に落ち着いて確認できる状態にしながら、徐々に目的の行動をするよう

促します。

自分で口輪に鼻を入れる行動を形成していく、そうしながら飼い主さんも愛犬の賢さに

気づいて頂けたようです。



ケンタのお母さんのご要望『マテ』が出来るようにしたい。

無理やりオスワリで待たせたり、我慢させたり、言い聞かせるのではなく。



欲しいもの・やりたい事がある時に飼い主さんの許可を仰ぐことを

教えてあげます。

その時のリード使いをいかに優しく保つかが大事。

無理やり・強制は必要ありません。




力が強くなってしまってから抑制が効かないのでは、困ってしまいます。

パピーの内にソフトなリード使いでも聞きわけできる脳育てをします。

プレイセッションタイム。

クロの尻尾がおもちゃになり咥えたくて目で追うケンタ。




おもちゃも遊びも共有出来るように、人が管理しながら。

キューキュー鳴るおもちゃに本能が働いたクロ。

守る行動が見られました。

そういった行動は犬であれば自然な事ですが、今の内に予防できる事です。

興奮状態にならないような遊びや交換練習などで、物への執着心が出ないように

それを人が管理しきる事を怠らない様に。

 

とても犬らしい色々な表情を見せてくれたケンタとクロ。

これからのパピーライフが穏やかに過ごせるよう、もう少し練習を重ねます。
| みらい動物病院パピークラス | 22:16 | comments(0) | - |




動物病院のパピークラス
毎月第2・4火曜・土曜


みどり動物病院
毎週土曜

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


株式会社Fam

Facebook

D-bac

Facebook

ポチッとお願いします

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
このページの先頭へ