■お預かり状況のブログアップについて

各スタッフ勤務外に持ち回りで行っているため掲載時間が遅れたり たくさんのワンズをお預かりしているため皆さんの愛犬が動画に映っていなかったりすることもあります。 また動画はお預かり中のほんの1分程度の状況です。
一日の全ての状況ではなくある一場面の切り取りです。
しかしほんの少しでも 離れている飼い主様が愛犬を確認できたらよいかな?と思い当店無償の付加サービスとして行っております。
ブログの愛犬の動画の様子を見てご不安を与えてしまう場面もあるかもしれませんが、スタッフ一同 すべての子の状態に配慮してお預かりをさせていただいております事 ご信頼いただけましたら幸いです。
Poochesの流儀

 

GYAです。

 

寒いですね。立春はどこに行ったのでしょうか?

雨が寒さに拍車をかけます。

 

今日は、今ちまたを騒がせているある某有名な国営放送で放送された戌年規格の番組について少し書いてみようと思います。

 

 

この番組は獣医、トリマー、トレーナがそれぞれの観点から犬達と向き合う姿を放送したもので、

そのうちのトレーナーさんの場面で衝撃的な映像が放映されてfacebookやネットで議論になっているようです。

 

 

簡単に言うとそのトレーナーさんは噛む犬のトレーニングの際、頭を思いっきり叩いたり、罵倒するといった内容です。

 

その内容について、批判的な意見や肯定的な意見が飛び交い犬業界の中でざわつきが起きています。

 

 

その件についてPoochesはあえて何かを発信する予定はなかったのですが、、、

当店のお客様からも「どう思いましたか?」と声をかけていただいたり、

誤解をしてしまう方が増えてしまうのではないか不安!など。思わぬ反響で、

お客様の愛犬と向き合う私たちといたしましても、完全にスルーというのは難しいかな?

と思い、Poochesなりに今回の放送と改めて当店のしつけの方針をお伝えできればと思います。

 

 

 

結論から申しますと。

 

 

 

「私たちは放映されていた方法を使用しない。」

 

 

これにつきます。

 

 

 

 

 

私たちは犬を叩いたり脅かしたりする方法は使いません。

 

それは、「犬がかわいそう」とか「犬が好きだから」という

感情的な理論ではなく、

 

 

犬に暴力をふるう事で起きる効果と、

その後に起きる可能性のある副作用について学び、

 

犬と人が同じ空間で暮らす時、犬が人に対して強い恐怖心があるのは危険だと思っています。

 

恐怖心とは具体的にどのような行動として現れるのかというと。

 

 

犬は極限まで恐怖心を感じると、

 

戦うか、逃げるか。を選択します。

 

 

この二つの行動は犬にとって生きるために必要な自分の身を守る最終手段です。

この行動が出てしまったとき、犬は必死です。

 

 

信じられない高さのフェンスをよじ登ったり、

人の手が自分の身体に触れない様に、先手で噛みに来るかもしれません。

 

 

暴力による支配は、一時的に終わる事も多く、

また殴る人にのみ有効な場合もあります。

 

 

 

なにより。

その方法を使わなくても、犬が行動を起こすには理由があり、

その行動の動機、例えば、「爪切りが嫌いで足を触られる前にかみに行く」

 

という場合、

 

 

犬の頭を殴らなくても爪切りは克服できます。

 

 

足を触られる事、爪切りを当てられる事を好きにすることはできないかもしれません。

 

 

でも、これから私たちがしようとしている事を犬に伝え、

嫌いだけど受け入れてもらえるようにアプローチします。

 

 

方法は様々ありますが、今から行う事を犬に伝え(合図を出す)

それが終われば、いい事が待っていると約束します。(フードなどの報酬)

 

これをよく賄賂だ!とか、ご飯で釣っているだけ!と言われる事もあります。

 

 

 

でも、一度大嫌いになってしまった爪切りやケアを頑張って受け入れてくれたんですよ?

「よく頑張ってくれたねー!」のご褒美はいけないでしょうか?

 

 

私なんてちょっと頑張ったらすぐ自分にごほうびあげます。(笑)

 

 

 

 

犬が噛むという事は、、、、

 

今置かれている状況か、もしくはされようとしている事を

許容することが出来ないという事です。

 

 

どんな事にどれだけ許容があるかは犬それぞれです。

 

 

 

私達だって苦手なものはそれぞれあります。

 

 

 

狭いところが嫌いな人、高いところが嫌いな人、暗いところがダメな人。

背中を触られたくない人、人に指示されたくない人、逆にされたい人。

 

 

同じように犬にもそれぞれ苦手があるのです。

自分が家族として受け入れた犬がどんなことが苦手で嫌がるのか知る事。

 

その犬の苦手が自分との生活において障害となるのなら、相手がどうしたら受け入れてくれるか

考え、環境やアプローチを工夫する。

 

そしてもし自分に歩み寄ってくれたらそのお礼はしっかりする。

 

これ大切。協調性!(笑)

 

 

 

 

私達、Poochesは犬との「共生」を大切にしたいです。

 

 

同じ空間を自分以外の別の存在と共有するのは少なからずストレスがかかります。

 

それは人であっても犬であっても。

 

その空間を共にする存在に脅かし恐怖によって支配し自分の思い通りにしたとして。

その一緒に暮らす存在は幸せでしょうか?

 

 

 

でも体罰の手法はなくなりません。

体罰を使うのはとっても楽だから。

 

 

人が頭を悩ませなくても、自分が管理できる相手に対し力で押さえつけることで

行動を制限すればいいのです。

 

 

「何でこんな行動を取るのだろう。」

「どうしたら喜んで私の望む行動を選択してくれるか。」

 

 

そんな事考える必要がありませんから。

 

 

とにかく自分の思った行動を取らなかったら自分の思い通りの行動を取るまで押さえつけて動けない様にする。

 

吠えたら近くにあるものを投げつけ脅かせばいい。

 

聞いたらその脅かしや暴力をやめる。

 

 

とっても楽です。

 

Poochesが推奨している方法は、犬の行動の強さによっては、

はっきり言って時間がかかります。

 

自分とは異種の相手の行動を知り、違う方向へ導くのですから。

言葉の通じない相手に、人の振る舞いや環境設定で、人の要望を犬に伝えるのです。

 

 

でも放映されていた方法も、1年以上お預かりをしているようです。

 

 

同じ1年なら私たちは犬達が「噛まない」から「噛む必要がない」へ

変えていきたいと思います。

 

 

それには計画や時には人の修正が必要です。

 

 

でも信じて欲しいです。

 

私達だってプロフェッショナルです。

 

 

愛犬と向き合う時間の中でじれったくても、

犬達の行動が起きている原因から分析し、犬を変えるのではなく

まずは環境や犬が行動後に起きている事を変えていきます。

 

 

でも、それと同時にお伝えしたいです。

 

 

今回の放送に出ていた訓練士さん。

その方は色々な方からバッシングを受けています。

 

 

でも、自分のクライアントさんの悩みと向きあい、

その犬と飼い主様の生活の質を向上させたいという気持ちは

この業種にいる全ての人共通だと思うのです。

 

 

私たちは体罰を使いません。

でもそれは使わない理由を説明できます。

 

 

だから自分たちと方式が違う人を批判する必要もないと思っています。

 

 

もちろん

テレビの中の犬達を見ていると、色々感じることがあります。

 

でも他者批判に時間を使うなら、

私たちは今、Poochesを信じて下さっている皆様と

もっともっと面白い事出来ないか考えることに時間を使いたいです。

 

 

 

私たちが考えるプロフェッショナルとは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

カメラが向けられた後の瞬発力がある事。

(例え足元が自宅用のクロックスでも。(笑))

↑この日、スニーカーと間違えて履いてきたようです。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフェッショナルとは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

どんなに小さな写真にしても、

デカすぎる存在感がある事!!!

(お客様のレッスンを見ている大魔神)

 

 

 

 

 

犬との生活の楽しい!をたくさん探す事。

 

そして、何より。

 

 

 

 

 

体罰なんて使わなくても。

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

彼は私たちを受け入れてくれました。

 

人を噛んだ経験があり愛護センターからお預かりしています。

当初は食事への執着や身体を触られる事への抵抗が強かったです。

 

 

しかし

1年かからずに、今では身体を触る事を自分から求めてきます。

爪切りだって許してくれます。

食事中に近づけは嬉しそうにこちらを見上げてくれます。

 

 

私たちは、テレビの中の出来事よりも

まず、今、私たちの目の前にいる犬達に真剣に向き合うことに

一秒でも長く時間を使いたいと思っています。

 

 

 

今後とも、皆さんをガッカリさせないよう

学びを怠らず、犬達と人の生活が楽しくなるよう

スタッフ一同、適度にふざけて頑張っていく所存です。(笑)

 

 

| - | 00:27 | comments(0) | - |













動物病院のパピークラス
毎月第2・4土曜


みどり動物病院
毎週土曜

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


ポチッとお願いします

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
このページの先頭へ