■お預かり状況のブログアップについて

各スタッフ勤務外に持ち回りで行っているため掲載時間が遅れたり たくさんのワンズをお預かりしているため皆さんの愛犬が動画に映っていなかったりすることもあります。 また動画はお預かり中のほんの1分程度の状況です。
一日の全ての状況ではなくある一場面の切り取りです。
しかしほんの少しでも 離れている飼い主様が愛犬を確認できたらよいかな?と思い当店無償の付加サービスとして行っております。
ブログの愛犬の動画の様子を見てご不安を与えてしまう場面もあるかもしれませんが、スタッフ一同 すべての子の状態に配慮してお預かりをさせていただいております事 ご信頼いただけましたら幸いです。
女子力

GYAです。

 

先日、美和さんの息子さんが11歳の誕生日を迎えたそうです。

めでたいですねー!

 

今日は息子の誕生日ですと嬉しそうに話す美和さんを見て

守るべき存在を大切にしなくちゃなーと。

思っているのですが。

 

 

もう。

すさんでいるんですよ心が。(笑)

 

 

その証拠に

 

 

清い心を失った久保田大魔神が、

私達が必死で守らなくてはいけないはずの

若干21歳のツムちゃんに対し、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『私にパウンドケーキを献上しなさい!』

※久保田のイメージイラストです。(笑)

 

 

 

 

 

 

と。恐怖の指令を。(笑)

 

 

 

 

 

 

もちろん。

従順な若きツムちゃんは、

 

迷わず。

 

『はい!』

 

と本来ドッグトレーニング施設では

されるはずのない指令を承諾。(笑)

 

 

 

 

無知って怖いですね。(笑)

 

 

そして、約束通り作ってきてくれました!

 

 

 

じゃじゃん!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


まぁ!

なんと完成度の高い!

大魔神への献上用にラッピングまでしてあります。

100点の気遣い、、、、


断面も素晴らしい!

味も甘すぎず、何個でも食べれるほど美味でした!

 

 

 

が。心がすさんだ先輩たち。

後輩の女子力が悔しいのか。

 

 

大魔神:『もっとしっとりしてるとより良いよね。』

 

GYA: 『次はチョコ味をたべたいなー』

 

と、次から次へと追加注文。

 

 

よくできた後輩ツムちゃんは

 

笑顔で『はい!』と。(笑)

 

 

 

声を大にして言います。

これはパワハラではありません。(笑)

 

 

 

 

 

そんな女子力の高いツムちゃんに感化され、

私も大人女子を目指そうと思い立ったのですが、、、

 

 

何から始めてよいか分かりません。

 

 

私はよくボーイッシュなどと言われますが、

自分では結構女らしいと思っています。

 

 

 

目指すところは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天海祐希さんです。

……似てませんか?……私に。(笑)

 

 

 

 

 

もっと天海さんに近づくために、

大人女子、、、に。とは思うのですが。

 

 

男の人でも料理はするし、

ショートカットの女性だってたくさんいるし、、、

どうしたら決定的に大人女子になれるんだ!と悩んでいます。

 

 

実は、この『らしさ』ってちょっとあいまいですよね。

 

 

この『らしさ』ってカテゴライズするには便利ですが、

実はちょっと厄介な部分も。

 

 

犬にもついついしてしまいますよね。

 

『ゴールデンっぽいねー』とか。

『だってダックスだもんねー』とか。

はたまた、『柴らしい性格!』などなど。。。

 

私達もついつい犬種らしさを一つの指標にしてしまいますが

 

 

犬種の特性を元にらしさを押し付け、

問題行動の本質を見逃す事もあります。

 

 

 

その個体の個性を決めるのは、

 

犬種特性だけでなく、

遺伝要素や環境因子なども大きいです。

 

 

つまり。

○○だから必ずこうなる!というわけではないです。

 

 

だからこそ。

今起きている困った行動には、

どんな因子が隠れているのか、しっかり見極め

原因に合わせた対処をしなければなりません。

 

 

この問題にはこの対処!と

マニュアルが存在するわけではありません。

 

犬達がその行動を起こす要因を

環境面やその個体が本来持っているものが

どの程度影響しているのかなどを検証しないまま

対処をすることで問題がより悪化するリスクすらあります。

 

 

犬の行動は必ず変えられます。

 

 

ただしそこには、人間が

どのように介入するのか、

どんな環境を整えるのか、

犬の行動に対しどんな結果を提供するのかが

重要です。

 

 

 

 

 

 

【動物は間違えない。】

 

これは、トレーニングの基本的な考え方です。

動物の行動は常に正直であり、素直である。

 

もし、動物が我々にとって困った行動をするなら、

それは、私達が動物たちがその行動を取るように仕向けたからである。

 

です。(笑)

 

 

 

 

だから。

『何でうちの子こんなことするのー!』

 

ではなく。正解は、

 

『今の生活の何がこの子にこうさせるのー!』です。(笑)

 

 

今ある環境や、一緒に過ごす人の反応など。

犬達が行動を決める要素はたくさんありますが、

その全てを犬達はしっかり受け止め、自分の行動に反映しています。

 

 

つまり。

犬の行動は一緒に暮らす私達が導いているんです。

 

困った行動も良い行動も。

だから犬を変えるのではなく。

私達が変わるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

でもね。

時々はこのらしさというレッテルに甘えてもいいかと。(笑)

 

 

だって。

生活の中で犬の行動を修正するために、人が色々変えるのって

とっても大変です。

 

 

もちろん。

行動修正の為のプログラムをしっかり100%やったら成果は出ます。

 

 

でも。

人だって日々、暮らしています。

いつもトレーニングが最優先というわけにはいきません。

トレーニングを生業にしている私達だって、

愛犬のトレーニングに全力投球出来ていません。(笑)

 

 

さらに

家族がいれば他の家族にペースを乱される事だってあります。

 

 

そんな時。

モヤモヤしたりもどかしくなったり。

前向きな気分になれない事もあると思います。

 

でもそれは飼い主さんが悪いわけではありません。

 

だって

愛犬にだけ時間を使っていられるわけではないのですから。

 

 

 

うまくいかない!どうしよう!

 

 

 

そうなったら。

 

 

まぁ。うちの子○○だから。。。。

と。ちょっと気持ちの休憩してみてください。(笑)

 

 

 

 

そして、そのまま私達に教えてください!

 

……こんな理由で出来なかった、、、

………やろうと思ったんだけどやっぱり、、

などなど。

 

その不安やもどかしさごと

ありのまま相談してください。

 

 

トレーニングは継続こそ意味があります。

どんなに学習理論に基づいた理論でも

続けられなければ効果はありません。

 

 

だから。

飼い主様の今の状況やなぜやれないのか。

きちんと教えて欲しいのです。

 

 

その情報をもとに、

今の環境でやれることを新たに提案したり、

その場合の期待できる効果が変わる事も含めてお伝えし

妥協点が増えてしまうかもしれませんが、

今の環境で、出来る最善のゴール地点を一緒に話し合いたいです。

 

 

『言われたことやれませんでしたー!』と。

言われた所からが私達トレーナーの本当の腕の見せ所です。

 

その対処法を行えない時、

限られた環境の中でどんな方法を提案できるか。

 

それぞれの暮らし方が違う家庭犬のトレーニング。

マニュアルなんて作れません。

 

だからこそオーダーメイドのトレーニングを

提供できるように真剣に向き合います。

 

 

 

なので!

飼い主さんはためらわず。恥ずかしがらず。

出来なかった!を教えてください。

 

どうしたら出来るのか。

そもそも方法を変えた方がいいのか。

一緒に考えます。

 

 

 

犬らしさに癒されたり、

犬らしさに困らされたりしますが、

そんな彼らに振り回される楽しい生活を

一緒に共有させてももらいたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

| Pooches | 10:44 | comments(0) | - |













動物病院のパピークラス
毎月第1・3土曜


みどり動物病院
毎週土曜

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


ポチッとお願いします

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
このページの先頭へ