Pooches BLOG 名古屋市緑区にあるドギーデイケア プーチーズの日記や最新情報をお届けします しつけ教室 デイケア ホテル 犬の幼稚園


■スタッフ/研修生募集。詳しくはお問い合わせください。

■「pooches寺子屋」開催のご案内
3月19日13:00〜 16:00 お一人様2,700円(税込) テーマは「犬は何を感じて行動するのか?」 学習の原理原則を基に理解を深めましょう。会場は桶狭間店です。

■「クリッカーマスター」ご案内

■お預かり状況のブログアップについて

各スタッフ勤務外に持ち回りで行っているため掲載時間が遅れたり たくさんのワンズをお預かりしているため皆さんの愛犬が動画に映っていなかったりすることもあります。 また動画はお預かり中のほんの1分程度の状況です。
一日の全ての状況ではなくある一場面の切り取りです。
しかしほんの少しでも 離れている飼い主様が愛犬を確認できたらよいかな?と思い当店無償の付加サービスとして行っております。
ブログの愛犬の動画の様子を見てご不安を与えてしまう場面もあるかもしれませんが、スタッフ一同 すべての子の状態に配慮してお預かりをさせていただいております事 ご信頼いただけましたら幸いです。
2日の様子

あいにくの雨で縁側?での日向ぼっこはできませんでしたが

仲良く安全な場所で寛ぐ姿が良いですね。

 

 

 

 

パピーケアーのレッスン。

日常で危険な事が起きたときに、対処が出来るような練習も行います。

 

「離せ」

子犬は何でも口に入れてしまいます。

間違って飲み込んでしまわないよう咥えた物を離す練習です。

 

 

「ハウス」

安心安全な場所であるハウスが苦手な子も。

ハウス=嫌なことがある(病院へ行く。お留守番など)

普段からハウス=楽しい事があるとイメージ付けを

行うのがとても大切です。

 

 

 

日常のお手入れも健康維持に欠かせません。

言葉で説明できないので、ゆっくりスッテップアップして

「大丈夫」を伝えていきます。

 

 

 

おやつを貰うためしっかり考えて、取りに行くのではなく

自分の番が来るまで待っていた方が良い(抑制)と

気付くまで練習します。

要求を押し通すより、ちょっと我慢したほうがより良い事がある。

と、感じることで人への注目度もあがります。

 

 

伏せの練習

こちらがヒントを出し、自分で伏せの体勢を取れるようにします。

自分で考えて正解が出るとおやつが貰える!

ちょっと楽しくなりますね。

 

 

デイケアー組みもカメラを向けると良いお顔です。

 

 

 

れっすんが終わって一休憩。時折他犬のハウスに

お邪魔して一緒に寛ぎます。

 

 

デイケアーをデートの場所に使われる方も(笑)

本当に仲良しの2匹。

一緒に過ごす時間が中々取れないので

デイケアーを上手に利用して頂いています。

 

 

 

 

 

| Pooches | 02:07 | comments(0) | - |
1日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何されるかわからないときは、犬は人の手に口をもって来たり、握られている手や体が動きます

ですので、人はゆっくり犬に安心を与えながら(強引にやらないで)何をしたいのか伝えていきます

いつも同じ声をかけてから手を握ると、その言葉を聞くと 手を握られることが予測でき(安心)嫌なことされない(経験)ので受け入れられるようになります。

 


外の環境もわからないから不安な動きを見せることが多いです

仔犬のうちに、ゆっくり確認させて大丈夫を知ってもらいましょう

 

ハウスも、入ると閉じ込められることを経験学習してしまうと、次から入ることを拒みます。

やってほしい行動は、犬が嫌だを感じないような練習を進めていきましょう

 


服を着たり、ハーネスを付けたり、体にまとわりつく物を受け入れる練習。

ゆっくり 楽しくおいしく 進めていきます


 

 

| Pooches | 21:37 | comments(0) | - |
28日の有松店

今年になって、もう2ヵ月が経ちますね。

 

年を重ねるにつれて、日が経つのが早く感じるという人も多いのではないでしょうか?

ある情報によると、生きる年数が増えるほど新しい刺激(知らないこと)が減っていくので、結果 あっという間に(早く)感じてしまうのだそうです。

もしかしたら、ワンズもそんな風に感じているのかもしれません。

ただ、ワンズは人間に比べ寿命が短いです。短いからこそ、できるだけ楽しく過ごしてほしいですよね。

そのために、まずは苦手を減らしてあげることから始めませんか?

 

 

苦手は無理に慣らそうとするのでなく、苦手なモノに対して何処までなら受け入れられるかを見極め、大丈夫を少しずつ増やしてあげましょう。

 

ハウスが苦手なら、入った瞬間にスペシャルなご褒美をあげたり、

 

爪切りもいきなり切るのでなく、まずは道具に慣れることから。

 

 

 

できることへは、環境が変わっても同じだと理解してもらいましょう。

 

咥えたモノを言葉の合図で離せるように

 

 

目の前にフードがあっても我慢!

 

 

モノが違っても「マット」は「マット」!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犬のしつけはPoochesへ

| Pooches | 22:05 | comments(0) | - |
25日の有松店

お昼寝後、サークルから出してくれるのを静かにジッと待つゴールデン。

同じポーズでスタッフへ熱い視線を送っていました。

 

 

 

こちらは初来店のゴールデン。

他のワンズと遊びたいけれど、まだ相手のボディサインが読めないようです。

そんなワンコは、穏やかな成犬の中で、徐々にサインが読めるようにしていき、どうやって他のワンズとコミュニケーションをとったらいいのか学んでもらいます。

 

同じゴールデンの先輩犬と挨拶。

 

少しずつ会わせたり休憩を入れることを繰り返していると、後半は自ら横になるなど、落ち着いて過ごす時間も増えました。

 

 

 

家では合図に応えてくれるけど、外へ出ると声が聞こえていないことありませんか?

そんな時は、少しずつ環境の刺激を増やして、その中で応えられるようにすることから始めましょう。

 

例えば、家の中 → 玄関 → 人やワンズの通りの少ない所など、いつも出来ている環境を少しずつ変えていきます。

 

 

マットも、自ら乗れるようになったら、環境を少しずつ変えていきます。マットの上は安心だと教えておけば、知らない場所へ行った時でも、いつものマットがあるだけで不安も軽減されますよ。

 

 

 

その場所を安心にすることも大切ですが、人から何かをされることも安心して受け入れられるようにしておきたいですね。

人の手は、ご飯を上げたり、日常ケアやリードをつけるなど、必ずワンコへ触れます。その手に自分から身をゆだねてくれるようにしておくと、色々なことがスムーズに行えます。

 

抱っこも、自ら近くへ来てくれれば、追いかけ回したり捕まえられるという印象を与えずに済みますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

犬のしつけはPoochesへ

| Pooches | 01:42 | comments(2) | - |
24日

パピーといっても、2か月の子と3か月の子 4か月の子、成長過程に必要なことが違います。



犬は成長が早いですからね。身体も心もあっという間に育っていきます。



その発達段階で何が必要で将来に影響を及ぼすのか!!



 



たくさんの良い経験学習ができるように。






外がまだちょっと不安。



この時に大事なことは、”大丈夫”を感じる事。



人の横について歩く余裕ないですよー

前進を拒否!



この時も、無理やり引っ張ると何を感じるのかな?



リードがついて歩くことが嫌になっちゃうこともありますね。






 



日常ケアを継続して受講してくれているチョビ。



爪切りも少しずつやらせてくれます



遊びも入れながら、楽しくレッスンです



 





帰宅拒否? 階段? 車移動? 何が不安かな?



このすぐあと、安心できるママさんについてスムーズに帰宅されました



 



動きたい年頃のワンズたち



苦手や無意識を ”好きだから意識的に” に変えていけるようにカリキュラムを考えています




4シュナ・・・そっくり。動きも 声も



 





 



 



 



 


| Pooches | 23:49 | comments(0) | - |
23日の様子

 

今日初来店のパピーの「ジン」

初めての来店時、飼い主様はとっても心配をされます。

ある方は「子供を初めての幼稚園に預ける気分」と

言われていました。

 

勿論、ワンズも不安はあると思います。

穏やかな家庭から、元気一杯のワンズが沢山いる空間へ

突然一人(一匹)で置いていかれるのですから。

 

でも、適応力のあるパピー期

上手にフォローしてあげることで「不安」を「大丈夫」「楽しい」に

変化させて、新しい経験を沢山してもらいます。

 

初めは小さい刺激や、観察できる環境を作り

自分から動いてくれることを見守ります。

興味を示し、行動し始めたら少しずつ刺激を増やします。

穏やかなワンズと一緒に過ごし、徐々に沢山のワンズの輪に。

 

お帰りの時はフリーでみんなと一緒に過ごせるようになり

苦手な事も少し頑張ってトライできていました。

 

パピー期の体験はとても大切。

良い経験が沢山出来るように環境を作り整えます。

 

 

初めての人の手に少し不安。

 

後半には「鼻タッチ」も出来るように。

 

他犬と一緒におやつタイム。

しっかり体験した1日でしたね。

 

 

パピーに何回も通ってきてくれるワンズは、

どんどん新しい事を覚えていきます。

 

初めは「・・??なにするん?」と悩んでいましたが

通いなれると「これ?こっち?これだー!!」と

自分から色々考えて動くことも増えてきます。

 

 

ちょっとヒントを伝えれば、ヒールポジション(左側に付く)も

すんなり出来てしまいます。

 

苦手な事も「ちょっとだけなら」と受け入れることが

出来る様に。

 

頑張っていますね。

 

 

ちょっと甘えます。

 

まだしっかり覚えないことも、復習をして始めれば

ちゃんと思い出して更にステップアップ。

 

そんなレッスン組みを、羨ましそうに見つめるベテラン組み。

レッスンは一緒に楽しい時間を過ごす1つの方法なんですよね。

 

 

| Pooches | 05:56 | comments(0) | - |
22日 お預かりワンズ


 

 

 

ルディーのゆったりと堂々としたお誘いを受ける杏(バーニーズ)

 

初来店の子は緊張しています。

どんな事が起きる場所なのか、その人間は何をしてくるのか?その犬たちは大丈夫なのか?

いっぱいわからない事があります。

わからない事がいっぱいで緊張している状態で、頑張らせることは当犬にも周りにも良い事はありませんね。

ゆっくり環境を見ることができるよう環境を設定して、少し慣れてきたら他のワンズを待機させて 動いて観察できるようにします。

最初は背中の毛が立ちましたが、穏やかな状態が見られるようになりました。

 

| Pooches | 16:36 | comments(0) | - |
22日桶狭間店の様子

パピーのレッスン

 

遊びに夢中だと、中々振り向いてくれないのですが

個々にレッスンすれば、集中力も良い状態になります。

 

抑制の練習

許可が出るまで我慢我慢!

 

 

 

 

苦手なハウスも頑張れる!!

出来た!!の体験と自信が持てるように。

 

 

 

基本の課題にチャレンジ!

鼻タッチ

理解して出来るように練習中です。

 

 

 

復習。

許可が出るまで、ちょっと我慢。

 

 

 

マットを認識して、合図を覚えます。

自分で考えることで、記憶に残る確立があがります。

 

 

みんなレッスンが楽しいと、よく覚えてくれますね。

 

犬のしつけは Poochesへ

| Pooches | 07:57 | comments(0) | - |
21日の有松店

室内は暖房がついていなくても暖かく感じるくらい、外は寒かったですね。

 

そんな寒さもワンズはへっちゃらです。

 

パピーたちのお散歩練習。

パピー期での目的は、外での音やモノを平気にすることです。

勿論、側を歩くことや、引っ張らないことも教えていきますが、まずは刺激に慣れてもらうことからスタートしていきます。

 

回数を重ねてくると、アイコンタクトを取りながら歩いたり、途中でオスワリなどの合図にも応えられます。

 

 

 

 

室内でも、色々なモノを平気になってもらいます。

例えばクレイトも、フード探しをしている内に気付いたら入れた、大丈夫だったという経験をふやしていきます。

既に大丈夫なモノやコトへは、良い感情の貯金を増やしていきましょう。

 

 

 

今いる場所が不安な場合は、まずはその環境に慣れてもらうことから始めましょう。

無理に慣らすのではなく、ワンズのペースで行うことが大切です。

 

ハンドタッチは出来ていますが、常に体を小さくして、周りのワンズや音を気にしていました。

これから少しずつ環境にも慣れていきたいですね。

 

 

 

合図が理解できるようになったら、環境を変えてもできるようにしていきましょう。

合図を出す距離を変えたり、素材を変えるなどして、合図を理解しているか確認していきます。

 

 

 

不安そうにしていたワンズも、安心スペースを見つけたようです。

誰かと一緒は安心感があるのでしょうね。

 

 

 

 

大型犬チームも、後半になると穏やかに遊べていました。

 

 

 

 

 

 

犬のしつけはPoochesへ

| Pooches | 06:47 | comments(0) | - |
20日の様子

 

本日は大型犬が少ない1日になりました。

プレイルームが広く感じます。

 

 

パピーの時期に体験したことは、思いの他記憶残っています。

いいイメージで残れば問題ないのですが、そうでない場合は

マイナスイメージを変えてあげる事をお勧めします。

 

移動用キャリーやハウス

本来なら「安心できる場所」にしておきたいですね。

でもちょっとしたきっかけで、苦手になってしまう事もあります。

ハウス=何かある?(病院行く、お留守番などなど)

 

このイメージを変えましょう。

 

 

ハウスに入ると、ちょっと良い事がある!!

 

まだまだ不安の現れ、後ろ足が残っています。

ハウス=美味しい物がある!

このきっかけを上手に使い、自分で行動した(少しでも入る)事を

しっかり誉めます。このままスッテップアップして

夕方には、自分でしっかりハウスに入ることが出来ました。

 

 

 

見渡しの良い高い階段。

パピーにとってはとても高く感じるでしょう。

来店初期の頃は苦手で固まっていたのですが

したの1〜2段目から降りる練習をし、少しずつステップアップ。

 

 

一番上から軽やかに階段を下りることが出来るようになりました。

途中で止まって、こちらを見る余裕も出てきています。

がんばりましたね。

 

 

 

おやつタイム。

順番を待ちます。

 

 

 

 

犬のしつけはPooches へ

 

| Pooches | 05:29 | comments(0) | - |




動物病院のパピークラス
毎月第2・4火曜・土曜


みどり動物病院
毎週土曜

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


株式会社Fam

Facebook

D-bac

Facebook

ポチッとお願いします

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
このページの先頭へ